TechTargetジャパン

レポート
傷だらけの「Flash」――見直されるジョブズ氏の決断
 「Flash」が存続の危機に直面している。動画やアプリケーションなどさまざまな用途に利用されてきた、米Adobe Systemsの「Adobe Flash Player」。そのセキュリティへの懸念が消えないのだ。2015年に入ってからもFlashの新たな脆弱性の発見は続き、その脆弱性を突くサイ...(2015/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ラボ検証で分かった、ハイブリッドアレイの高パフォーマンス
 HDDに代わる次世代ストレージとして導入が進むフラッシュストレージ。導入に際しては、さまざまな製品を分析し、自社のシステムに最適な性能、コスト優位性をもったソリューションを選ぶ必要がある。 本資料は、ネットワークおよびストレージソリューションのテストや...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
従来型ストレージアプローチからの脱却! 基幹DB強化策のカギは「仮想化+フラッシュ」にあった
 企業が取り扱うデータは増加の一途をたどり、自社のビジネスを加速させたいと考える経営者やIT決裁者・担当者にとって基幹DBを安定的に、高速に運用するニーズは高まるばかりだ。SSDの普及によりDBの高速化が図れるようになったが、基幹DBへの本格採用となるとちゅうち...(2015/6/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビジネスを加速、「オールフラッシュストレージ」の信頼性・可用性とは?
 フラッシュストレージの導入の際、ユーザーが抱える不安はおおよそ以下の3つとなるだろう。「信頼性や可用性など機能面に対する不安」「フラッシュ導入の妥当性に関する不安」「費用対効果に対する不安」というものだ。デバイスを全てSSDとする「オールフラッシュストレ...(2015/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SSDを超える高可用性オールフラッシュストレージ、能力を最大化する仕組みとは
 SSDはHDD互換を前提として設計されているため、既存のHDDを外して、そのままSSDを接続できるなど導入がしやすい。しかし、この互換性を維持するためのデザインがフラッシュチップが持つ本来の能力に限界を作り出している。 SSDでは複数のチップを装備していても、同時...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
基礎から解説、フラッシュストレージ選び「5つのポイント」
 大量のI/Oが発生するアプリケーションの高速化や、大規模なバックアップの時間短縮などの効果が期待されるフラッシュストレージ。消費電力や設置スペースの削減といったメリットもあることから、HDDとのハイブリッド製品やオールフラッシュ製品への移行が進んでいる。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
東芝の最新マイコン「TXZファミリー」データーシート【限定公開中】
 東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す、ユーザー目線にこだわった新しいマイ...(2016/8/30 提供:株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社)

事例
オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由
 自社運営の企業向け仮想データセンター「SmartVDC」を基盤に、プライベートクラウドサービス「VMホスティング」などを提供しているスマートバリュー。VMホスティングでは、利用者の増加に合せてストレージを拡張してきたものの、従来使用してきた機種では、拡張を続けて...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方
 クラウドサービスが普及し、ビッグデータやIoTの活用も進むなか、旧来のシステムリソースに限界が見え始めている。特にストレージは、今後のビジネスの成長を支える基盤となるだけに、多くの企業がビジネスの成長に対応するための製品選びに頭を悩ませている。 自然災...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
コントローラー性能で大きな差、検証で分かったDBに最適なオールフラッシュの条件
 データベース(DB)環境のボトルネックを解消する方法として、オールフラッシュストレージへの移行が進んでいる。しかし、一口にオールフラッシュといっても、複数のタイプがあり、どれがベストなのかは実際にOLTPを検証してみるまではなかなか分からない。 一般的にDB...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
IDC調査で見るフラッシュアレイの投資効果――選定基準のどこを見直すべきか?
 IT調査会社のIDCによると、オールフラッシュアレイ市場は2013年から2018年にかけて、年間平均46.1%のペースで成長し、2018年末には市場規模が33億ドルに達すると予想されるという。同期間のハイブリッドフラッシュアレイ市場の予想成長率も年間平均8.1%と高水準だ。 ...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
従来のコストで10倍のパフォーマンス DB環境にオールフラッシュを選ぶべき理由
 近年、データベース(DB)環境におけるオールフラッシュストレージの導入が急速に進んでいる。その背景にはフラッシュデバイス自体の低価格化があるが、インライン処理によるデータの重複排除/圧縮機能の効果も見逃せない。 これらの機能改善と、オールフラッシュスト...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
その時間と費用は本当に必要か? ストレージ更新の新旧モデルを徹底比較
 ストレージの典型的なライフサイクルは3〜5年といわれている。多くの企業では、全面的な入れ替え、システムの再購入、新しいストレージコントローラーやストレージメディアの配備などを行いながらストレージ基盤を更新している。しかし、この繰り返しによる時間と費用の...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

レポート
40%の組織でドライブバイダウンロード攻撃を確認、2015年上半期 脅威動向レポート
 今回発表された『2015年上半期 Tokyo SOC 情報分析レポート』は、セキュリティサービスの拠点としてお客さまのセキュリティ機器を監視・運用し、1日200億件以上の膨大なデータをリアルタイムで相関分析しているIBMセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)の1つ...(2015/9/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
Coca-Cola Bottling Co.Consolidatedの利益を大幅に拡大
「『業界きってのコカコーラ生産・販売・流通サービス』を事業目標に掲げています。IBM FlashSystemで顧客需要への洞察を迅速に獲得し、全米規模で最高のサービスをお届けできるようになりました。」と、語るのはCoca-Cola Bottling Co. Consolidatedインフラストラクチャ...(2014/12/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
フラッシュストレージへの誤解を解消、低TCO・高ROI実現のポイント
 近年、パフォーマンスやデータ密度の進化が著しいフラッシュストレージを企業向けに導入する動きが進んでいる。DB、仮想サーバ、VDIなどのパフォーマンス向上は、多くの企業が課題としており、今後もフラッシュ製品への移行は進むと考えられる。 その一方で、「容量当...(2016/9/2 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/11/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 データ分析など特定用途で従来使われてきたフレッシュストレージの市場が拡大している。技術革新や供給の拡大によって容量当たりの価格が下落し、HDDと変わらない製品も登場。基幹システムなど幅広い用途で使われるケースが多くなってきた。 当コンテンツはフラッシュ...(2016/9/23 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

レポート
ストレージ運用管理者が今さら聞けない「フラッシュ活用5つの秘策」
 HDDを大幅に上回るスピードと信頼性、大量のI/Oが発生するエンタープライズアプリケーションの実行環境におけるパフォーマンス最適化の技術として注目が集まるフラッシュテクノロジー。導入に際しては、自社のビジネスに最適なパフォーマンスと効率、コスト優位性を持っ...(2015/4/10 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
2大オールフラッシュ徹底比較:大規模な混在ワークロード環境に適した製品は?
 オールフラッシュストレージを導入検討する際の製品評価は、アプリケーションの要件に基づいて行うことを推奨したい。そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュストレージ「Pure Storage FlashArray」と「NetApp SolidFire」のアーキテクチャ要素を比較し、それぞれ...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
基幹システムの遅延対策 “応急手段”で終わらせない最適解とは
 基幹アプリケーションの動作確保は、業績拡大か縮小かの分け目となる大きなポイントとなる。そしてレスポンス時間の短縮と高速化は、あらゆるクリティカルなアプリケーションにおいて共通のニーズであり、ビジネスの存続に関わる重要なポイントだ。 システム遅延時間に...(2014/1/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
デスクトップ仮想化の2大製品を、帯域幅とCPU使用率で徹底検証
 いつでもどこでもどの端末からでも仕事ができる技術として、ここ最近注目を集めているデスクトップ仮想化。 しかし、仮想デスクトップインフラ(VDI)の本導入でネックとなるのは、ローカルPCに比べたパフォーマンスだ。IT部門が限られた予算の中で、ユーザーエクスペ...(2012/8/3 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly フラッシュストレージ市場総まとめ 2016
 今や激戦区となったフラッシュストレージ市場。2016年はどのような製品が登場し、さらにどのような進化を遂げるのか。2016年のフラッシュストレージ市場を解説した3つの記事をまとめた。 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。■6大サプライヤーの2016年オールフラ...(2016/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
検証:「落とし穴」に注意、DBストレージの「失敗しない」フラッシュ活用法
 企業向けストレージとして注目が集まるフラッシュ技術。HDDと比べて高速、低消費電力、軽量、低故障率といった優位性がある一方、コスト面ではHDDに分があるといわれる。そこで注目をしたいのがオールフラッシュストレージである。 本ホワイトペーパーは、オールフラッ...(2015/10/2 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
DB刷新はストレージから――分析回数・範囲に響くI/O遅延の課題を解消
 ネットワークの帯域は9カ月ごとに倍になり、CPUやメモリの性能は18カ月ごとに倍になるといわれるように、サーバやネットワークはこの10年で大きく進化した。それに比べて、ディスク性能の進化は15年間で見ても100倍程度にとどまるという。 このような進化のギャップに...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
その思い込みは間違い? フラッシュストレージに抱く「5つの思い込み」
 今やフラッシュメモリは、パフォーマンスや密度などの重要な要素が絶え間なく進化している。アプリケーションパフォーマンスの向上、電力消費量の削減、導入の容易さなど多くの価値を提供してきたが、ユーザーの間ではさまざまな誤解があるようだ。「価格が高い」といっ...(2015/11/24 提供:ネットアップ株式会社)

Loading