2023年01月12日 05時00分 公開
特集/連載

キオクシアの新技術で「SSDの新時代」が来るのか、来ないのかSSD新時代は来るのか【第4回】

ストレージ利用において、企業が抱える課題はコストからレイテンシまでさまざまだ。SSDの新技術「Software-Enabled Flash」(SEF)は、ストレージ利用にどのような影響を及ぼすのか。

[Adam ArmstrongTechTarget]

 SSDの利用に関係する新技術「Software-Enabled Flash」(SEF)とは、キオクシアが開発したストレージインタフェース技術だ。「SSDをHDDの仕様から解放し、SSDの在り方を根本から変える」という狙いを掲げる。それによって、具体的にストレージ利用の何が変わるのか。

SSDはSEFで変わるのか、変わらないのか

 SEFは、SSD利用におけるレイテンシ(遅延)の縮小や、容量の効率的な使用を狙っている。SEFについてストレージの業界関係者の間では、賛否両論で幾通りかの意見が出ている。

 SSDコントローラーベンダーPhison ElectronicsのCTO(最高技術責任者)、セバスティアン・ジーン氏は、まだSEFの有用性に納得していない。「SSDに関するコストの大部分はNAND型フラッシュメモリだ」とジーン氏は語る。SEFによってストレージコントローラーやSSDのメモリから管理機能を取り除くことができる可能性はある。だがそれだけでは大幅なコスト削減にはならず、管理の負担をサーバ側に転嫁するだけになるという。「コストをサーバに乗せ換えるよりも、コスト抑制に貢献する別の方法があるはずだ」(同氏)

 調査会社Objective Analysisで半導体およびSSDのアナリストを務めるジム・ハンディ氏は、SEFのメリットはコスト削減だとは考えていない。「通常、ホスト(ストレージを利用するシステム)とSSDは“同じ言語を話さない”が、SEFを使えば両者が同期的に動作できるようになる」

 SEFは今後、課題に直面する可能性があるとハンディ氏は予測する。SEFを使うために専用のハードウェアが必要になるのだとしたら、それが普及の壁になるという課題だ。とはいえ同氏は、これは「乗り越えることのできる課題だ」と話す。「過去に同様の課題を抱えていたソフトウェアの中にも、広く使われるようになった例がある。SEFも普及に向けた過程を進んでいけるはずだ」(ハンディ氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news021.jpg

テストして分かった「Protected Audience API(旧FLEDGE)」 Cookieよりも期待できそうなこととは?
プライバシー保護を前提としつつ、Web上の行動追跡手段をどう確保するか。Googleがサード...

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。