TechTargetジャパン

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

技術文書
99.999%の可用性を維持する「MySQL Cluster 7.3」新機能解説
 「MySQL Cluster」は、99.999%の高可用性とオープンソースによる低総所有コスト(TCO)を兼ね備えた、リアルタイムなトランザクションデータベースだ。単一障害点を持たない分散型マルチマスターアーキテクチャ設計を採用し、コモディティハードウェアを利用して自動シ...(2013/12/27 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
Oracle DBからMySQLへ、DB移行プロジェクトの実践ノウハウを専門家が徹底解説
 ビッグデータやIoTなどの活用が進んだことで、トランザクション単位でデータの整合性を担保できる旧来のデータベース管理システム(DBMS)の重要性が再認識されている。この動きのなかには、商用DBMSからオープンソースソフトウェア(OSS)のDBMSへの移行も見られる。 ...(2016/9/20 提供:SCSK株式会社)

技術文書
Microsoft SQL ServerとMySQLのTCOを徹底比較──MySQLへの移行は何をもたらすか
 世界中で普及しているオープンソースデータベース「MySQL」。オラクルの一製品となってから同社はそのリソースとデータベースに関する専門知識を活用して、MySQLの改善を継続してきた。ではMySQLは現在、企業導入する上でどのようなメリットを企業にもたらすだろうか?...(2014/6/30 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
性能検証 OSS統合監視 Zabbix 1.8.10 , 2.0.0 MySQLパーティションの効果
システムの運用コスト削減は、必須課題となっており各企業で色々な取り組みがされている。クラウド、グリッドおよび仮想化OSの普及が進んでいる現在では、監視対象サーバの増減も多く、統合監視ソフトウェア自体の導入・保守コストの削減に苦慮している企業も多い。オープ...(2012/7/2 提供:ファイテックフォース株式会社)

技術文書
Facebook、Twitter、YouTube……先進Webサービス企業がMySQLを選ぶ10の理由
 MySQLは、Facebook、Twitter、LinkedIn、Yahoo!、Amazon Web Servicesなど、主要なWebサイトや成功を収めているスタートアップ企業で使用されているWebベースアプリケーション向けのデータベースである。 Twitterでの処理は1秒当たり約5700ツイート、Facebookで数ペタ...(2013/12/27 提供:日本オラクル株式会社)

事例
止まらないECサイト実現のために、ファッション小売業がMySQLを選んだわけ
 Gina Tricot ABは、スウェーデンで急成長をとげている女性向けファッション小売業だ。同族経営のファッションチェーン店で、全ヨーロッパ向けにオンラインでも商品を販売しており、顧客は28か国に及ぶ。同社は急速な事業拡大に伴って、ECサイトの可用性と安定性、セキュ...(2014/5/23 提供:日本オラクル株式会社)

事例
データベースTCO削減ガイド
 LinuxやApacheなどのOSSの使用で大幅な効率の向上を実現した後、多くの企業は、今やコモディティ化による次の段階のコスト節減のため、データベース・インフラストラクチャに狙いを定めている。本書では、MySQLを使用することで、データベース・ソフトウェアのTCOを以下...(2009/6/29 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

事例
1秒当たり数十万件の電子取引 ドイツのeコマース企業がMySQLを選んだ4つの理由
 ドイツのeコマース専門企業であるeFulfilment Transaction Services GmbH(eFTS)は、B2B、B2C、C2Cのチャネルで広く業務を展開している。注文、在庫、サプライヤー、支払いに関する詳細情報をeBayやAmazonなどのグローバルなeコマース小売業者に提供しており、eコマー...(2014/5/23 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット
 統合データ管理ソフトウェアが注目されるようになった理由は、ファイルやメールシステム、PC端末、データベース、Webシステムなど、企業システムの各所で蓄積されるデータが膨大になってきたからだ。各システムで個別にこれらのデータをアーカイブし、バックアップする...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

技術文書
MySQLパフォーマンスチューニングTips
 サン・マイクロシステムズは、オープンソースデータベース「MySQL」のコンサルティングサービスやサポートサービスを手掛け、また、高いスキルを持つ多数のエンジニアと、グローバルにノウハウを共有するナレッジベースを有し、企業ユーザーに欠かせない高度なサービス...(2009/7/10 提供:サン・マイクロシステムズ株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2017/2/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
モダンで堅牢な従業員/カスタマーサイトを直感的な操作で構築
 近年は社内向けポータルや顧客向けWebサイトで、さまざまなサービスやアプリケーションが提供されている。これらを利用するユーザーは、より多くの機能を活用したコラボレーションや情報共有を求める一方で、複数のID/パスワードの使い分けのような面倒なことは避けた...(2017/1/27 提供:株式会社イージフ)

製品資料
鍵を掛ければデータ保護は万全? 暗号化が最大効果を生む4つのポイント
 どのような企業や業務でも“社外秘”の機密情報は存在し、万が一にも漏えいしないよう慎重な取り扱いを行っているはずだ。その対策方法はさまざまだが、最近の注目は「暗号化」である。 機密データの暗号化と保管を厳重に行うのが第一歩である。次に、暗号化に用いた鍵...(2017/1/27 提供:マクニカネットワークス株式会社)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「大量のExcelファイルは宝の山」、データ活用の流れに一歩で追い付く考え方
 ビジネスにおけるデータ活用と聞くとつい身構えてしまうが、実はそれほど難しいことではない。データとは、日々の業務で得られる「いつ売れたか」「どんな年齢の顧客か」といった情報のことであり、その蓄積から価値を導き出す取り組みは、これまでもExcelなどで行われ...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
コスパ徹底比較:専用サーバ vs. パブリッククラウド
 24時間365日の安定稼働を実現するパブリッククラウドが登場し、基幹系システムをクラウド移行する企業が増えているが、今も多くの企業がオンプレミス環境を選択している。その大きな理由として、パブリッククラウドでは一定以上のサービスレベルの確保が難しいことが挙...(2016/11/17 提供:さくらインターネット株式会社)

講演資料
ビッグデータ環境におけるデータガバナンス対応のベストプラクティスと構築事例
 近年発生している、特権ユーザーによる不正な操作やハッカーによる攻撃の脅威に対し、データベース内の機密情報を保護し、業界や政府が規制する法令等に対応したデータガバナンスの整備が急務となっている。 本資料では、RDBMSのみならず、NoSQL、およびHadoop環境に対...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
サービス開発で差別化、メンテナンスフリーで最新環境を、その答えは
 ビジネスのスピードに合わせて、IT開発もアジャイルやDevOpsなどの手法で加速している。状況に応じて最適な環境を選択できるオープン性、セキュリティやコンプライアンスなども含めた運用管理負担の軽減も大事な要件であり、クラウドが選ばれる背景にはこうしたニーズが...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
セントラル短資FXに学ぶDBレプリケーション、リアルタイムBI活用を支える5要件
 データ分析にリアルタイム性が求められるようになったことで、データベース(DB)の可用性に対する考え方も大きく変わった。近年はリアルタイムBIを活用する上で、本番DBに負荷をかけずにリアルタイムに近い複製ができるレプリケーション環境が欠かせないものとなりつつ...(2016/11/10 提供:クエスト・ソフトウェア)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
エンタープライズオープンソース製品導入戦略ガイド
「Windows」や「UNIX」「Oracle Database」のスキルは今や「レガシー」化したという認識が、IT業界で広がっている。新興企業から大手電子商取引サイトまで、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が拡大し、OSS関連スキルの需要が高まっている。 プロプライエタリ製品...(2016/4/27 提供:アイティメディア株式会社)

Loading