TechTargetジャパン

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
あなたの会社のクラウド移行、オンプレミス環境と同じに使えますか?
 オンプレミスで稼働するシステムをパブリッククラウドに移行しようと考える場合、移行先としては「IaaS」と「PaaS」のどちらを選ぶのが良いのだろうか。現状はIaaSを選択する企業が多いという。その理由は「PaaSでは移行コストが高く、ベンダーロックインのリスクも高い...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

事例
導入企業が語る仮想環境構築の実際、低価格なPaaSはこうして開発された
 資産運用会社の有価証券管理業務で広く使われている「XNETサービス」。このXNETは資産運用会社がそれぞれサーバを運用し、そのサーバ上でXNETをアプリケーションを稼働させるという構成を取っていた。 しかし、「本業ではないサーバ管理業務が負担となり、そこに人員や...(2011/3/31 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/7/8 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
東芝がクラウド基盤作りでこだわったSLA、選ばれた「PaaSを作る開発ツール」とは
 国内有数の複合メーカーである東芝は、これまで4つに分かれていた事業体を5つの分野に再編し、「スマートコミュニティ」の実現に向けた本格的な取り組みを開始した。その多岐にわたる事業領域を横断的に支えるICT基盤としてクラウド基盤の構築を進めている。 そのため...(2014/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
1回で分かる:モバイルアプリ開発を楽にする「BaaS」って何?
 スマートフォンをはじめとしたモバイルアプリケーション開発のためのクラウドサービスとして注目されている「BaaS」(Backend as a Service)。 モバイルアプリケーション開発者がサーバ側(=バックエンド)のことを気にせず、認証サービスやデータベースへの読み書き...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
10分以内に仮想マシンを導入、OpenStackを活用した複数クラウド運用法
 仮想化技術を使ってサーバ統合を進めていた企業が、その適用範囲を広げてプライベートクラウド構築を始めた際、パブリッククラウドサービスは一部の技術部門がシステム検証などに使うものとして捉えられていた。しかし現在では、AWS、Microsoft Azureなどのパブリックク...(2015/2/27 提供:インテル株式会社)

製品資料
もう何も犠牲にしないクラウド移行――オンプレミスの機能をクラウドでも
 クラウドサービスの活用は広がっているが、「既存のアプリケーション/データをクラウドに移行するのに多くの手間とコストが掛かる」「クラウド上のアプリケーションやデータなどをオンプレミスに戻すのが難しい」といった声を聞くことも増えた。一方、オンプレミスで培...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
約30秒でアプリケーションの実行環境を構築 「IBM Bluemix」の可能性を3者が語る
 クラウドやモバイルなどテクノロジーが進化し、市場ニーズが絶え間なく変化する現在においては、迅速に情報を収集、分析し、事業環境を対応させる仕組みが欠かせない。アプリケーション開発に求められるスピードも変化してきた。どれだけテクノロジーに精通していても...(2015/3/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
IDCがユーザー企業を徹底調査、Red Hat JBoss EAPの導入効果と課題とは?
 IT部門にとって、決して止まることの許されないミッションクリティカルなアプリケーションの開発、配備、運用の管理と自動化の推進は、悩ましい課題だ。その解決策として注目を集めているのが、エンタープライズアプリケーションプラットフォーム(EAP)の導入である。(2013/12/11 提供:レッドハット株式会社)

レポート
「Microsoft Azure」の導入が週1万社ペースで増加、ユーザー企業にうけている理由は?
 米Microsoftが「Microsoft Azure」(当初は「Windows Azure」)をリリースしてから早5年。当時はPaaSという位置付けにあったAzureだが、その後IaaSレイヤーにもサービスを広げ、現在は毎週約1万件の新規サブスクリプションが追加されるほど導入社数を増やしている。 こ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
プライベートクラウド選定、失敗しないための製品要件と活用法を整理する
 今日、多くの企業がクラウドのビジネス価値を認め、導入に積極的だ。IBMが2013年に行った調査では、クラウド導入を先行している企業は、そうでない企業に比べて1.9倍の増収と2.4倍の粗利益を達成している。そして、先行企業が組織横断的なクラウド戦略を持つ割合は、そ...(2015/4/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月)
 TechTargetジャパンは2013年3月、クラウドコンピューティング全般に関して、会員を対象にしたアンケート調査を実施した。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の導入状況についてまとめて...(2013/5/30 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド導入に関する読者調査結果リポート(2013年3月)
 TechTargetジャパンは2013年3月、クラウドコンピューティング全般に関して、会員を対象にしたアンケート調査を実施した。プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)の導入状況についてまとめて...(2013/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウド移行とサービスモデルを選択する3つの基準
 かつて大型メインフレームで運用されていたシステムは、オープン化によって分散の一途をたどっていった。今日では、アプリケーションごとに構築されたサーバが無秩序に増え、設置スペース不足や運用管理の複雑化などが課題になっている。こうして増え続けたサーバを仮想...(2013/3/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SoftLayerとBluemixが提示する“クラウドサービスの理想形”
 企業システムの課題は、運用管理コストの低減だけではない。ビジネスニーズに対応するシステムを万全な形で迅速に構築するという課題も長年指摘されてきた。そしてクラウドサービスが進化するにつれ、多くの企業ユーザーはクラウドに対し、コスト低減だけでなく「必要な...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
初めてのクラウドコンピューティング――IaaSからSaaSまで失敗しない選び方
 現在、クラウドコンピューティングのサービスを提供する事業者は把握が難しいほど数が多い。本コンテンツでは、IaaSからSaaSまで数多くの選択肢の中から事業者を選定する際、技術や機能以外にも注目すべきポイントを解説する。加えて、クラウドコンピューティングの基本...(2016/7/5 提供:KDDI株式会社)

講演資料
日本と同じでは通用しない? 中国ビジネスに適したパブリッククラウド利用の条件
 日本と事情が大きく異なる中国でビジネスを展開するには、さまざまなハードルをクリアする必要がある。繰り返される法令や規制の改訂にも都度対応しなくてはならず、さらに常時つきまとうのがITインフラの問題だ。 中国のITインフラは日本と大きく異なる。主要ISPは国...(2016/3/29 提供:ニフティ株式会社)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/4/19 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
デジタルエクスペリエンスのチャンスは1度きり、ユーザーを振り向かせる7つのヒント
 Webサイトやその関連サービスで不愉快な思いをしたユーザーは、再びその企業のサイトを利用することはない。この「不愉快な思い」というのは、明確にトラブルとなったものだけでなく、「使いづらい」「分かりにくい」「コンテンツに魅力がない」などの定性的な評価も含...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

レポート
たった1時間でシステム構築! “激速”環境構築を実現する“パターン技術”の秘密とは
 日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)が最新のハードとソフト、長年蓄積してきたノウハウも詰め込んで「IBM PureApplication System」を世に送り出したのは2012年。独自の「パターン・デプロイメント技術」を中核にしたオール・イン・ワンの統合型システムは、高速なシス...(2015/4/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビッグデータ処理をクラウドで提供、そのメリットと“思わぬ落とし穴”
 ユーザー企業の間で「ビッグデータ+クラウド」への注目度が上がっている。大量のデータが流れこむビッグデータを適切に処理、分析するには自社だけではなく、クラウドのリソースを使うことが不可欠と考える企業が多くなっているのだ。このようなクラウドデータベースサ...(2015/11/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ビジネスに貢献する「クラウド選定」で忘れてならないポイント
 ITコンサルティング企業のITRが国内企業を対象に実施した『IT投資動向調査 2014年版』では、最重要視するIT戦略テーマとして「売上増大への直接的な貢献」「業務コストの削減」「顧客サービスの質的向上」がトップ3に入った。こうしたビジネス貢献を意識したITに対する...(2015/5/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
74%がハイブリッド戦略を推進、ハイブリッドクラウド活用の「3つのポイント」
 ITシステムのクラウド移行は、ビジネスのために最適なリソースを組み合わせる「ハイブリッド」なアプローチが注目されている。クラウド、非クラウド領域を一元化し、真の意味でIT運用をサービスとして管理するために、ハイブリッドの影響を理解し、戦略を立てて導入を円...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading