DAL、オラクルBPMソフトと連携する次世代EDI対応SOAソリューションNEWS

流通業における企業間取引を統合し、受注から出荷報告までのプロセスを可視化する「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」を提供開始する。

2008年02月13日 19時27分 公開
[TechTarget]

 EDI(電子データ交換)製品を手掛けるデータ・アプリケーション(DAL)と日本オラクルは2月13日、DALのEDIパッケージソフトウェア「ACMS E2X」「ACMS B2B」と、日本オラクルのBPM(業務プロセス改善)ソフトウェア「Oracle BPEL Process Manager」を組み合わせた「ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューション」の提供を発表した。

 ACMS/Oracle BPEL Process Manager連携ソリューションは、流通業界におけるSOA(サービス指向アーキテクチャ)構築の際にネックとなる次世代EDI標準「流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)」対応を実現。ACMS E2XとACMS B2Bは、従来型EDIによる取引、Web-EDIでの取引のすべてを1つの環境でカバーでき、流通BMS対応の通信プロトコル「ebXML/MS」や「EDIINT AS2」「JX手順(SOAP-RPC)」にも対応している。

 さまざまなデータ交換が可能なACMS E2XやACMS B2Bと、基幹システムと連携したOracle BPEL Process Managerとの間でプロセス/データ連携を行うことにより、受注から在庫管理、出荷報告までの一連の業務プロセスが可視化できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。