2008年02月21日 18時42分 公開
ニュース

住商情報システム、Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」をバージョンアップNEWS

ASP対応型のWeb勤怠管理システム「SHARE/OTM」に「プロジェクト工数管理」「シフト勤務予実管理」「休暇欠勤申請」などの機能を強化した新バージョンを発売する。

[TechTarget]

 住商情報システムは2月21日、ASP対応型Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」の新版「SHARE/OTM Ver.3.5」の販売を開始した。

 新版では、多様な勤務体系に対応し勤務の予実管理を行う「シフト勤務」機能、各勤務者が休暇・欠勤・時間外などの申請を行い、上長が確認/認証する「休暇・欠勤・事前勤務(時間外等)申請」機能、各プロジェクトの実績(工数)を分析する「プロジェクト工数管理」機能を搭載するなど、管理機能を拡充した。

 また、システムセットアップ機能と管理者機能が改良され、短期間でのシステム導入が可能となっている。

 価格は「SHARE/OTM」Web勤怠管理パッケージ(サーバライセンス一式)が240万円、「SHARE/ OTM」プロジェクト管理オプションは60万円。

関連ホワイトペーパー

ASP | 業務プロセス | 基幹システム | 経営


ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...