住商情報システム、Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」をバージョンアップNEWS

ASP対応型のWeb勤怠管理システム「SHARE/OTM」に「プロジェクト工数管理」「シフト勤務予実管理」「休暇欠勤申請」などの機能を強化した新バージョンを発売する。

2008年02月21日 18時42分 公開
[TechTarget]

 住商情報システムは2月21日、ASP対応型Web勤怠管理システム「SHARE/OTM」の新版「SHARE/OTM Ver.3.5」の販売を開始した。

 新版では、多様な勤務体系に対応し勤務の予実管理を行う「シフト勤務」機能、各勤務者が休暇・欠勤・時間外などの申請を行い、上長が確認/認証する「休暇・欠勤・事前勤務(時間外等)申請」機能、各プロジェクトの実績(工数)を分析する「プロジェクト工数管理」機能を搭載するなど、管理機能を拡充した。

 また、システムセットアップ機能と管理者機能が改良され、短期間でのシステム導入が可能となっている。

 価格は「SHARE/OTM」Web勤怠管理パッケージ(サーバライセンス一式)が240万円、「SHARE/ OTM」プロジェクト管理オプションは60万円。

関連ホワイトペーパー

ASP | 業務プロセス | 基幹システム | 経営


ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...