2008年09月01日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Google Apps監視から得た教訓Google──Webセキュリティ管理の複雑さと向き合う挑戦者

GoogleがGoogle Appsの監視プロセスを通じて得た教訓を踏まえて行っているセキュリティ対策の指針は、ほとんどの企業にとって有効なものだ。

[Dennis Fisher,TechTarget]

 セキュリティ脅威の特性と範囲がここ数年で著しく変わってきており、企業のセキュリティ担当者は対応に苦労している。Googleの担当者も例外ではなく、Webセキュリティの新たな状況に適応しようと奮闘している。

 Googleは、現在の企業コンピューティング環境に浸透しているインターネット文化から生まれたが、オンライン脅威の特性と、それらの脅威が自社の顧客や広範なインターネットコミュニティーに与える影響を理解しようと常に努力していると、同社のエンタープライズセキュリティ・コンプライアンスディレクター、スコット・ペトリー氏は語った。Googleが人々のWebの使い方に決定的な影響を与えたのは確かだが、同社もオンラインコンピューティングにつきまとう複雑さから無縁ではいられない。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...