2008年09月01日 07時30分 公開
特集/連載

Google──Webセキュリティ管理の複雑さと向き合う挑戦者Google Apps監視から得た教訓

GoogleがGoogle Appsの監視プロセスを通じて得た教訓を踏まえて行っているセキュリティ対策の指針は、ほとんどの企業にとって有効なものだ。

[Dennis Fisher,TechTarget]

 セキュリティ脅威の特性と範囲がここ数年で著しく変わってきており、企業のセキュリティ担当者は対応に苦労している。Googleの担当者も例外ではなく、Webセキュリティの新たな状況に適応しようと奮闘している。

 Googleは、現在の企業コンピューティング環境に浸透しているインターネット文化から生まれたが、オンライン脅威の特性と、それらの脅威が自社の顧客や広範なインターネットコミュニティーに与える影響を理解しようと常に努力していると、同社のエンタープライズセキュリティ・コンプライアンスディレクター、スコット・ペトリー氏は語った。Googleが人々のWebの使い方に決定的な影響を与えたのは確かだが、同社もオンラインコンピューティングにつきまとう複雑さから無縁ではいられない。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...