2009年02月04日 12時48分 公開
ニュース

F5ジャパン、破産保護申請したノーテルAlteonユーザーの移行支援策を実施へNEWS

F5は破産保護を申請した加ノーテルのアプリケーションスイッチユーザーに対して、BIG-IPへの移行コンサルティングや技術情報提供といった支援策を実施する

[TechTargetジャパン]

 「Alteonユーザーを救済します」――。F5ネットワークスジャパンは2月4日、1月15日に破産保護申請したカナダNortel Networks(以下、ノーテル)が製造するアプリケーションスイッチ(負荷分散装置)のユーザーに向けて、移行支援策を打ち出した。早ければ2月または3月中にも実施する予定。

 F5が発表した支援プログラムは、ノーテルが製造・販売するアプリケーションスイッチ「Alteon Application Switch」(現:Nortel Application Switch)の国内ユーザーに対して、F5 BIG-IPを含む他システムへの移行をサポートするというもの。円滑な移行ができるように、同社のコンサルティングチームによるサービス提供やWebサイトへの技術情報掲載などを行っていく。ノーテルが破産申請したことに懸念を抱くAlteonユーザーに対して「安定性、サポート、信頼性を提供できる」としている。

 今回の国内を対象としたAlteonユーザー移行支援策は、米国時間1月20日に米F5 Networksが発表した移行促進プログラム「Buyback Program」実施を受けたものだ。ただし同社によると、直接リプレース需要を掘り起こすような内容ではないという。「懸念を持つユーザーやシステム再構築を機会にリプレースを考えているユーザーに、移行後も従来と同様のシステム環境を構築する方法・ノウハウを提供することが目的。F5側から積極的な移行プロモーションをするわけではない」(F5ネットワークスジャパン広報)

関連ホワイトペーパー

負荷分散


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...