2012年10月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【前編】物理と仮想のネットワークをつなぐVXLANゲートウェイ

「VXLANゲートウェイ」と呼ばれる製品が続々登場している。VXLANというプロトコルで形成する仮想ネットワークと、従来型のネットワークとの間で変換を行うものだ。その運用には課題もある。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ベンダー各社がVXLANゲートウェイの投入を進めている。VXLANゲートウェイは、ソフトウェアベースのネットワークオーバーレイと、そのベースとなる物理インフラ間でネットワークサービスを橋渡しするものだ。

 多くのベンダーが、ソフトウェアによるネットワーク仮想化を実現する方法として、VXLAN(Virtual Extensible LAN)のようなトンネリングプロトコルによるネットワークオーバーレイを提案している。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...