2012年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

物理と仮想のネットワークをつなぐVXLANゲートウェイ続々登場するVXLANゲートウェイのメリットと課題 【前編】

「VXLANゲートウェイ」と呼ばれる製品が続々登場している。VXLANというプロトコルで形成する仮想ネットワークと、従来型のネットワークとの間で変換を行うものだ。その運用には課題もある。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ベンダー各社がVXLANゲートウェイの投入を進めている。VXLANゲートウェイは、ソフトウェアベースのネットワークオーバーレイと、そのベースとなる物理インフラ間でネットワークサービスを橋渡しするものだ。

 多くのベンダーが、ソフトウェアによるネットワーク仮想化を実現する方法として、VXLAN(Virtual Extensible LAN)のようなトンネリングプロトコルによるネットワークオーバーレイを提案している。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...