2013年01月28日 08時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップでWindows 8のタッチインタフェースを再現するには3つの選択肢を紹介

Windows 8のタッチインタフェースを疑似体験するために、仮想デスクトップで再現する3つの方法を紹介する。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 Windows 8仮想デスクトップで試すのは、このOSを検証する良い方法だ。しかし、Windows 8はタッチインタフェースへの依存が大きい。では、どうすれば仮想デスクトップでタッチエクスペリエンスを疑似体験できるのか。

 Windows 8のタッチ機能のメリットやデメリットについては、いくらでも議論できる。だが、タッチデバイスが2012年時点で主要なハードウェアコンポーネントになっていることは否定できない。もっとも、ポケットに楽に収まらないほど大きな端末にタッチ操作が適しているかどうかは議論の余地がある。

 仮想デスクトップを使えば、マシンを丸々1台専用に充てなくてもWindows 8を試せる。唯一の問題は、多くの場合、仮想マシン(VM)内でタッチデバイスの挙動を再現する方法がないことだ。タッチインタフェースのサポートはWindows 8の大きな存在理由であるにもかかわらずだ。

 これはささいな問題ではない。Windowsの従来バージョンでは、マウスとキーボードが標準入力デバイスだった。今ではこの2つにタッチデバイスを加えた組み合わせが標準入力デバイスであり、これからもずっとそうだろう。

 タッチデバイスは5本指や10本指のマルチタッチをサポートしているかもしれないが、それをマウスで再現するのはまず不可能だ。タッチパッドを使えば再現できるかもしれないが、それはタッチパッドがそもそもマルチタッチ機能をサポートしている場合に限られる。タッチ操作の再現は、プログラミングで実現することはできず、ハードウェアレベルのサポートを必要とする(Windows 8 SimulatorとVisual Studio 2012を使えばタッチ操作を再現できるが、その再現はWindows Storeアプリ(旧称Metroアプリ)のデバッグを目的としたものであり、一般的な利用における操作を模したものではない)。

 Windows 8を仮想デスクトップ環境で試すのに役立つように、以下ではWindows 8が動作するVM内でのタッチデバイスの再現について、3つの選択肢を紹介する。

タッチ対応端末で再現する

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...