2014年09月12日 12時00分 公開
特集/連載

企業向けシステムの“過激な高密度化”はここまで進んでいるそのメリットとリスク対策

ストレージやサーバの高密度が著しい。注意深く計画を立てることで、コンピューティング密度の向上によるメリットを最大化し、潜在的なリスクを最小化することができる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

Xeon | SSD | Apple | 半導体ストレージ


 次世代データセンターではスペースの有効活用が進められるため、ITプロフェッショナルは先を見越してサーバとストレージの高密度化を実現するとともに、関連するリスクや問題を軽減しなければならない。

 最新のデータセンターにはコンピューティング密度が大きく影響している。コンピューティングハードウェア、システムフォームファクター、ネットワーキング手法、仮想化、各種支援技術の継続的な進化のおかげで、わずかな物理スペースで従来に比べ格段に高いコンピューティング能力を提供できるようになっている。

 コンピューティング密度の向上は、設備投資や電力コストの削減を可能にする。しかし、高密度化にはマイナス面もある。具体的には、管理上の問題が発生する可能性があることと、システムハードウェアへの依存が大きくなることだ。

高密度化の一途をたどるハードウェア

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...