ハイブリッドクラウド構築、数Pバイトのデータを持つユーザーだけが分かっていること計画に向けて考えたい4つのステップ(1/2 ページ)

データおよびストレージの管理者は、ハイブリッドクラウドのシナリオに着手する前に、本稿で紹介する4つのステップを予備計画に加えることをお勧めする。

2015年08月17日 12時00分 公開
[George CrumpTechTarget]
クラウドのメリット/デメリット(参照:ハイブリッドクラウドってどんな技術? 全体像を把握しよう)《クリックで拡大》

 中小企業の多くは、自社のITインフラの大部分をクラウドに移行している。一方、大企業は幾つかのSaaSを使用している程度で、クラウドを導入する動きは緩やかだ。大企業のデータセンターは適切なインフラや担当者が配置済みであるだけでなく、規模も非常に大きい。そのため、クラウドはデータセンターほど魅力的ではない。大企業にとっては、オンプレミスのインフラとクラウドを活用できるハイブリッドクラウドモデルがより効果的なアプローチになる。ハイブリッドクラウドは完璧ではない。だが、以下の4つのステップを踏むことで、データストレージの管理者はハイブリッドクラウドの構想を最大限に活用することができる。

ステップ1:インフラを知る

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news004.jpg

ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要...

news186.jpg

B2Bサイトランキング2024、三菱電機が2年連続トップ――トライベック・ブランド戦略研究所調べ
トライベック・ブランド戦略研究所は、B2Bサイトのビジネス貢献度を評価する調査の結果を...

news114.jpg

Googleも認める“TikTok検索”のとてつもない影響力
ユーザーが製品を発見するプロセスにおいてTikTokが果たす超強力な役割についてのインサ...