「2-in-1」があればPCはお払い箱? 5機種の検証で分かった“残念な結論”一石二鳥は成り立つのか?(1/2 ページ)

クライアントPCとタブレットの両社の長所を併せ持つ「2-in-1デバイス」。果たして、クライアントPCに取って代わることができるのだろうか。

2015年12月23日 08時00分 公開
[Eddie LockhartTechTarget]
ThinkPad Yoga 15《クリックで拡大》

 クライアントPCには費用が掛かる。タブレットもまた同様だ。両方の長所を併せ持つ1台のデバイスをIT管理者が従業員に与えることができれば、素晴らしいことではないだろうか。クライアントPCとタブレットを組み合わせた「2-in-1デバイス」はその試みを実現するものだ。

 2-in-1デバイスで検討したいのは、下記の2点だ。

  • 2-in-1デバイスが本当にクライアントPCをお払い箱にすることができるのか
  • より小型で手頃なサイズのタブレットでデスクトップPCの機能を発揮することが可能か

 本稿は、

  • 中国Lenovo「ThinkPad Yoga 15」
  • Lenovo「ThinkPad Yoga 12」
  • Lenovo「Lenovo YOGA 3」(14型)
  • 米Hewlett-Packard(HP)「Elite x2 1011 G1」
  • 台湾Acer「Aspire R13」

を含めた、企業向けの2-in-1デバイス5機種の特徴を考察することで、2-in-1デバイスが本当に企業においてデスクトップPCに取って代われるのか判断しよう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...