2016年12月13日 15時00分 公開
特集/連載

クラウドの新潮流、先進企業が使いたくなる「サーバレス」の魅力コスト効率が高く、管理作業を削減可能

AWSやAzure、Googleのクラウドサービスで注目を集めるサーバレスオプション。これはクラウドに関する最新のバズワードなのか。先進企業が虜になる理由とは。

[Alan R. Earls,TechTarget]
Azure FunctionsのWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Amazon Web Services(以下、Amazon)の「AWS Lambda」やMicrosoftの「Azure Functions」などの新しいサーバレスオプションによって、企業は従来のサーバ管理から距離を置き、柔軟性やコスト効率の向上を実現できる。

 サーバレスコンピューティングは、クラウドに関する最新のバズワードだ。これはクラウドユーザーがサーバインスタンスを指定または予約する必要がなく、コンピューティングリソースやコンピューティング機能を利用できることを指す。サーバレスアーキテクチャが人気を集める要因は、コスト効率の高さと管理作業の削減にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...