クラウドの新潮流、先進企業が使いたくなる「サーバレス」の魅力コスト効率が高く、管理作業を削減可能

AWSやAzure、Googleのクラウドサービスで注目を集めるサーバレスオプション。これはクラウドに関する最新のバズワードなのか。先進企業が虜になる理由とは。

2016年12月13日 15時00分 公開
[Alan R. EarlsTechTarget]
Azure FunctionsのWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 Amazon Web Services(以下、Amazon)の「AWS Lambda」やMicrosoftの「Azure Functions」などの新しいサーバレスオプションによって、企業は従来のサーバ管理から距離を置き、柔軟性やコスト効率の向上を実現できる。

 サーバレスコンピューティングは、クラウドに関する最新のバズワードだ。これはクラウドユーザーがサーバインスタンスを指定または予約する必要がなく、コンピューティングリソースやコンピューティング機能を利用できることを指す。サーバレスアーキテクチャが人気を集める要因は、コスト効率の高さと管理作業の削減にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...