既設配線でLAN性能を向上できる「NBASE-Tイーサネット」とはPoEをサポート

NBASE-Tイーサネットは既存の銅ケーブルで最大5GbpsのLAN伝送速度を実現し、ネットワークを再定義する。

2017年04月26日 12時00分 公開
[Kevin TollyTechTarget]

 さまざまなテクノロジーがあふれる今の世界では、常に変化が起きている。ただし例外もある。

 CPUの速度、ディスクやRAMの容量、無線通信速度などは、ここ数年間でますます向上した。だがネットワークの基本的な要素には1つ、全く変化していないものがある。ギガビットイーサネット(GbE)はいまだにギガビットイーサネットだ。

 確かに、専用サーバとスイッチの接続に10GbE以上を利用することはできる。だがクライアントPCへの基本的な有線LAN接続は1GbEのままだ。2000年代に入る少し前に1GbpsのGbEが登場して以来、今までずっと変わらずにきた。ただし、それも「NBASE-Tイーサネット」までだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...