2017年04月26日 12時00分 公開
特集/連載

既設配線でLAN性能を向上できる「NBASE-Tイーサネット」とはPoEをサポート

NBASE-Tイーサネットは既存の銅ケーブルで最大5GbpsのLAN伝送速度を実現し、ネットワークを再定義する。

[Kevin Tolly,TechTarget]

 さまざまなテクノロジーがあふれる今の世界では、常に変化が起きている。ただし例外もある。

 CPUの速度、ディスクやRAMの容量、無線通信速度などは、ここ数年間でますます向上した。だがネットワークの基本的な要素には1つ、全く変化していないものがある。ギガビットイーサネット(GbE)はいまだにギガビットイーサネットだ。

 確かに、専用サーバとスイッチの接続に10GbE以上を利用することはできる。だがクライアントPCへの基本的な有線LAN接続は1GbEのままだ。2000年代に入る少し前に1GbpsのGbEが登場して以来、今までずっと変わらずにきた。ただし、それも「NBASE-Tイーサネット」までだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。