2016年09月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

2017年の標準化を目指す超高速400ギガビットイーサネットがやってくる 未体験の速さがもたらす5つのメリット

400ギガビットイーサネットは最新のデータセンターにどのような利用場面とメリットをもたらすのだろうか。

[Glen Kemp,TechTarget]
IEEE802.3bsにて100Gbps超イーサネットの有力候補として標準化に向けた議論が進む。(画像はIEEE 802.3 ETHERNET WORKING GROUPのWebサイト)《クリックで拡大》

 400ギガビットイーサネット(400GbE)の利用場面として想定されるのは、今のところ一部の超ハイエンド市場のみだ。早期採用者はおそらく、クラウド規模のデータセンターを運用している企業に限られるだろう。400GbEはシングルレーンの50Gbpsイーサネットを束ねたものをベースとしており、2017年の標準化を目指している。

 実際には、400GbEはリーフ/スパイン型スイッチやポイントツーポイントのデータセンター相互接続でのオーバーサブスクリプションを減らすことで、企業顧客に以下のようなメリットをもたらす。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。