スマホの選択肢が多いとなぜ失敗する? モバイル活用“6つのダメ出し”問題が起きてからでは遅過ぎる

多くの企業では、モバイルデバイス活用を成功させるために適切なポリシーやツールが欠けている。あなたの会社のモバイル戦略に欠けているものがないかチェックしてみよう。

2017年05月12日 08時00分 公開
[Craig MathiasTechTarget]

 現在では、企業向けモバイル戦略(BYOD、時間や場所を問わず利用できる無線接続、スマートフォン、タブレット、クラウド)は確立されていると言ってよい。モバイル活用はどの業種の企業でもIT戦略の中心を占め、多様なデバイス、モバイルOS、アプリ、管理ツール、各種サービスでしっかりサポートされている。コストもこれまでになく安くなっている。では、いいことずくめなのだろうか。

 実は問題が大ありだ。無線ネットワークやモバイルデバイスはこの4半世紀に大きく進歩したが、モバイル時代の成功の基本的要件と考えるべきものが欠けていると、根本的な戦略の誤りから問題が発生してしまう。本稿では、IT部門が直面している、モバイル活用の大きな問題の一部と、それらの問題を回避するための幾つかの指針を紹介する。

組織としての一貫性の欠如

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...