2017年05月24日 09時00分 公開
特集/連載

もはやクラウドは当たり前、「AI技術」搭載製品が一気に拡大した春の展示会働き方改革が目立った「Japan IT WEEK 2017春」

IT業界の最新トレンドが伺える恒例イベント「Japan IT WEEK 2017 春」。各分野で多くのブースが並ぶ中から、特にクラウドコンピューティング、セキュリティ、IoTにフォーカスして業界全体の動向を探ってみよう。

[重森 大,著]

 昨年2016年10月に開催された「Japan IT WEEK 2016 秋」で目に付いたキーワードは「IoT(モノのインターネット)」だった。しかし2017年5月開催の「Japan IT WEEK 2017春」ではIoTの展示会場が1ジャンルとして独立したこともあり、どのブースに行ってもIoTというワードを目にする状況ではなくなった。代わりに一気に台頭してきたキーワードが「働き方改革」と「AI(人工知能)」「ディープラーニング」だ。

スターティアの展示ブース

プレイヤー入り乱れる働き方改革市場、クラウドはインフラの前提に

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...