2018年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

インフラを取り巻く環境変化 生き残ったベンダーは何を選択してきたのかフラッシュストレージからHCI、SDSまで

インフラ、特にストレージ環境に関する変化は著しい。かつて有望視されたスタートアップも、幾つかはすでに事業を畳んでいる。生き残った企業が選択した技術は何なのか。

[Garry Kranz,TechTarget]

HCI市場は群雄割拠

画像 今後はどうなっていくのか

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)市場のリーダーであるNutanixは、競合するVMwareの顧客に自社のハイパーコンバージド基盤「Acropolis」をアピールするための行動を起こした。OEM契約を通じて、非x86系のサーバとしては初めて、IBMが自社サーバ「IBM Power Systems」にNutanixのHCIソフトウェアをプリインストールして販売できるようになったこともその1つだ。Nutanixは自社ブランドのハードウェアを完全に放棄したわけではないが、恐らくはその方向に向かっている。

 当初HCI市場でNutanixのライバルだったSimpliVityは業績が振るわず、Hewlett Packard Enterprise(HPE)が2017年1月に6億5000万ドルで買収した。SimpliVityのHCIソフトウェア「SimpliVity OmniStack」によって、HPEはHCI製品でデータ圧縮と重複排除機能を提供できる。HPEのHCI製品である「HPE Hyper Converged 250」や「HPE Hyper Converged 380」には欠けていた機能だ。

 Cisco Systemsは2017年8月、HCIソフトウェアのパートナー企業であるSpringpathを3億2000万ドルで買収すると発表した。これにより、CiscoがNutanixの買収を計画しているとのうわさに終止符が打たれた。SpringpathはCiscoのHCI製品「Cisco HyperFlex」にソフトウェア定義ストレージ(SDS)を提供している。

 オープンソースベンダーのRed Hatも2017年、新製品「Red Hat Hyperconverged Infrastructure」でHCI市場に参入した。Red Hat Hyperconverged Infrastructureは、仮想化製品の「Red Hat Virtualization」とSDS製品「Red Hat Gluster Storage」を組み合わせた製品だ。

 米IT企業NetAppも遅まきながら2017年、HCI製品「NetApp HCI」でHCI市場への参入を果たした。NetApp HCIは、同社の「SolidFire」シリーズのオールフラッシュアレイとQoS保証機能を備えたストレージOS「Element OS」をベースとしている。

スタートアップが相次ぎ廃業

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...