2018年07月18日 10時30分 公開
特集/連載

楽天が日本向けAPIマーケットプレース「Rakuten RapidAPI」を提供開始APIエコノミーの拡大へ

楽天はR Softwareとパートナー契約と締結し、APIマーケットプレースの「Rakuten RapidAPI」を提供開始した。APIの公開と利用を簡単にして、新サービス開発を加速させる。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

画像 R Software CEOのイド・ジノ氏(左)と楽天コミュニケーションズ会長の平井康文氏

 楽天とR Softwareは独占的戦略パートナー契約を締結し、2018年7月18日、APIマーケットプレースの「Rakuten RapidAPI」を公開した。

 R Softwareが提供 している「RapidAPI」は、APIプロバイダーが提供、販売するAPIを、アプリケーションやサービスの開発者が検索して購入できるようにしたAPIマーケットプレース。Rakuten RapidAPIは、RapidAPIの機能をベースに、日本語利用や日本円での支払いを可能にするなど、日本のユーザー向けに利便性を高めた。楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズが事業運営やマーケティングを担当し、R Softwareがシステム提供を担う。

 R Software最高経営責任者のイド・ジノ氏は、RapidAPIにはアジア圏の利用者が多いが、利用できない言語があるといったローカライズの課題を挙げる。今回の楽天との提携により、RapidAPIやRakuten RapidAPIを通じて「世界中の開発者にAPIを提供したい」と意気込む。

Rakuten RapidAPIの主要機能

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...