2018年08月07日 05時00分 公開
特集/連載

企業利用も本格化ARスマートグラス製品紹介 Microsoft HoloLens、Epson Moverioなどの特徴は? (1/2)

拡張現実(AR)スマートグラスを受け入れる準備は整っているだろうか。スマートグラス技術は向上し続け、通常のメガネのような形状になってきた。市場で受け入れられる日も近そうだ。

[Sally Johnson,TechTarget]

 スマートグラスのウォークスルー技術を利用して建築物の設計を確認し、そのデザインをどのように変更したいかを検討する場合を想像すれば分かりやすいだろう。この技術を使用すれば、その時間を大幅に短縮し、コストを抑え、フラストレーションを減らすことができる。これは、AR技術を利用したスマートグラスによって実現できる世界のほんの一例にすぎない。

 「何十億ドルもの資金がこの技術に投資されており、過去12カ月でスマートグラスのサイズや重量、デザインは大きく改善されてきた」と、市場調査会社のCCS Insightで上級アナリストを務めるジョージ・ジジアシュヴィリ氏は語る。同氏の専門はウェアラブル端末や拡張現実(AR)、仮想現実(VR)だ。

 これまでのところ、スマートグラスの導入率は残念なほど低いが、この技術をいかにして仕事に応用できるかを評価するに際し、大半の企業がわずか2、3部門でしかスマートグラスを試用していない現状においてさえ、ジジアシュヴィリ氏は「この技術がポテンシャルを秘めていることは間違いない」と断言する。

 現在、企業は主にデザインや製造、遠隔地の現場で働く従業員向けにスマートグラスを利用している。そういった中で、どのスマートグラス技術が企業に最も人気があるのだろうか。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...