2018年11月22日 05時00分 公開
特集/連載

「仮想デスクトップの電子透かし」は何の役に立つのか?不正を検知する仕組みがあるという点が重要

IT担当者は仮想デスクトップに透かしを追加できる。その結果、悪意を持った内部関係者に機微な情報をばらまくのを思いとどまらせ、全てのユーザーに各自の行動の重大さを気付かせることができる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 「監視をしている事実」が重要

 内部関係者が知的財産を盗み出したり、ユーザーが不注意に機密情報を漏らしたりすることを懸念しているIT担当者は、電子透かしを検討してみてはどうだろう。ユーザーの仮想デスクトップに電子透かしを追加することで、データ漏えいの出どころを突き止められる。そうすればさらなる詳細情報の漏えいを防げるだろ。

 ただし、電子透かしを追加しても、デスクトップのセキュリティが確保されるわけでも、セキュリティ違反を防げるわけでもないことに注意が必要だ。むしろ、仮想デスクトップの管理部門は、もっと幅広いセキュリティ戦略の一環として電子透かしを使うべきだ。

電子透かしとは

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...