2019年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景はBlue Prism、UiPath、Automation Anywhere

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

業務プロセス | 業務部門 | SAP


photo

 企業のロボティックプロセスオートメーション(RPA)戦略には、複数ベンダーとの連携を盛り込むべきだろうか。

 「1社のベンダーに全てを委ねたくはない」と話したのは、35カ国で事業展開する自動車部品メーカーFaureciaで機能設計の指揮を執るアナ・バーガー氏だ。同社は長年にわたってRPAプロジェクトにRedwood Softwareを利用してきたが、同時に大手RPAベンダーUiPathも利用していることを明らかにした。

 マルチベンダーRPA戦略は同社の理にかなっている。

 Redwood Softwareは、財務プロセスの自動化、特にOracleとSAPのERPシステムに豊富な経験がある。Faureciaは10年以上SAPと連携しており、1つの統合SAPシステムを同社の300に及ぶ拠点の98%に導入している。FaureciaのSAPユーザーは3万5000人に上る。

 「当社では、大きく標準化が進み、SAPとのつながりの強いプロセスはRedwood Softwareに依頼し、SAPと密接な統合を求めている」とバーガー氏は話す。Faureciaでは、25個の共有サービスを少数のプラットフォームに統合するためにRedwood Softwareを利用している。

 RedwoodとUiPathの提供するRPAプロジェクトはよく似ている。しかし自動化がする対象はそれぞれ異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...