2019年01月17日 05時00分 公開
特集/連載

RPAの大手3社と新興企業を使い分けるマルチベンダーRPA その背景はBlue Prism、UiPath、Automation Anywhere

複数ベンダーのRPAソフトウェアを導入する企業が増えている。用途に応じてRPAソフトウェアを使いわけるFaureciaのユースケースを基に、その理由を探る。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

業務プロセス | 業務部門 | SAP


photo

 企業のロボティックプロセスオートメーション(RPA)戦略には、複数ベンダーとの連携を盛り込むべきだろうか。

 「1社のベンダーに全てを委ねたくはない」と話したのは、35カ国で事業展開する自動車部品メーカーFaureciaで機能設計の指揮を執るアナ・バーガー氏だ。同社は長年にわたってRPAプロジェクトにRedwood Softwareを利用してきたが、同時に大手RPAベンダーUiPathも利用していることを明らかにした。

 マルチベンダーRPA戦略は同社の理にかなっている。

 Redwood Softwareは、財務プロセスの自動化、特にOracleとSAPのERPシステムに豊富な経験がある。Faureciaは10年以上SAPと連携しており、1つの統合SAPシステムを同社の300に及ぶ拠点の98%に導入している。FaureciaのSAPユーザーは3万5000人に上る。

 「当社では、大きく標準化が進み、SAPとのつながりの強いプロセスはRedwood Softwareに依頼し、SAPと密接な統合を求めている」とバーガー氏は話す。Faureciaでは、25個の共有サービスを少数のプラットフォームに統合するためにRedwood Softwareを利用している。

 RedwoodとUiPathの提供するRPAプロジェクトはよく似ている。しかし自動化がする対象はそれぞれ異なる。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...