2019年04月12日 05時00分 公開
特集/連載

IBM、Microsoft、AWS、Googleなどの主要ベンダーが参入データや人材が足りなくてもAIを活用できる「AIaaS」とは?

AIaaS(サービスとしてのAI)の出現により、最先端のIT企業だけでなく、より多くの企業が人工知能(AI)をアプリケーションに組み込み、利用できるようになりつつある。

[Maria Korolov,TechTarget]
photo

 米国南東部最大の地方銀行の一つであるFirst Horizon Nationalは、250店舗以上の支店と約6000人の従業員を擁する。同行では、従業員調査を実施して管理者向けのレポートを作成するのに3カ月を要していた。

 「従業員調査には多くの時間とコストがかかっている」と、First Horizon Nationalで人材戦略と開発を統括する副社長、マリオ・ブラウン氏は述べる。

 First Horizon Nationalは2017年、HCM(人材管理)ソフトウェアベンダーUltimate Software Groupの新しいAIaaS(サービスとしてのAI)を導入して従業員調査を実施し、自由回答式の質問に対する回答を分析した。

 AIaaSの導入によって、First Horizon Nationalは分析プロセスをほぼ瞬時に完了させられるようにした。管理者は従業員の満足度に関する重要な情報と、必要な対処についてのアドバイスを即時に得ることができるようになった。ブラウン氏と彼のチームは、AIaaSの機能を利用することにより、データサイエンティストや人工知能(AI)技術者の高価なサービスを利用することなく、この結果を達成できた。同氏は「ツールが組織の真の改善につながっていると感じている」と語る。

AIaaSはAI活用のメリットを拡大する

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...