2019年06月13日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド機械学習「Databricks」は「反Amazon共同体」の頼れる味方注目サブスクリプションサービスが活用

小売業が「Amazonプライム」に対抗するためのサービスを提供するShopRunnerは機械学習をどう活用しているのか。同社データサイエンス部門トップが語った。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 米サンフランシスコでDatabricksが主催したカンファレンス「Spark + AI Summit 2019」では、同社が「MLflow」や「Delta Lake」などのツールを紹介した。カンファレンスでは同社製品のユーザー企業のShopRunnerが、こうしたツールの先行利用について講演した。同カンファレンスでDatabricksは、ビッグデータ分析ベンダーのDatameerとの連携についても明らかにした。

 小売企業を支援するEコマース向けサブスクリプションサービスの販売が、ShopRunnerの主力事業だ。このサービスでは小売企業から顧客へ、2日以内に無料で商品を配送する。このサービスは2010年の提供開始から9年になる。同社を支えているのは「Amazon.comに追い付き、追い越す」という明確かつ競争心の高い企業理念だ。

小売業がAmazonと戦うために

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...