「Wi-Fi 6」の本当のすごさは“速さ”ではなかった? その真価とは「Wi-Fi 6」の本領【後編】

製品認証プログラム「Wi-Fi 6」と共に知られる無線LAN新規格の「IEEE 802.11ax」は、そのスループットに大きな注目が集まっている。しかしこの新規格の魅力は、それだけではない。

2019年08月22日 05時00分 公開
[Craig MathiasTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | 無線LAN | ギガビット無線LAN


画像

 前編「『Wi-Fi 6』無線LANルーターの速度が宣伝通りにならない“納得の理由”」は、無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」(無線LANの業界団体であるWi-Fi Allianceの製品認証プログラム名称は「Wi-Fi 6」。以下、Wi-Fi 6)のスループット(実環境におけるデータ伝送速度)を制限する、さまざまな要因を解説した。無線LANの進化はスループットの向上に目が向けられがちだが、Wi-Fi 6で本当に注目すべきは、スループットの向上ではない。後編はWi-Fi 6で注目すべきポイントと、これまでの無線LAN規格とは決定的に異なる理由を説明する。

 Wi-Fi 6を評価する際、意味のある基準はスループットだけではない。チャネル(データの送受信に用いる周波数帯)数やセル数(1つの無線LANアクセスポイントの電波が届く範囲)を減らし、ベンダーが提供する無線LANの管理や分析機能を利用すれば、スループットを上げることは不可能ではない。

 企業における大半の無線LAN環境に大きく影響する要素は、スループットではなく「キャパシティー」だ。

Wi-Fi 6によるキャパシティーの増大とは

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...