2019年11月06日 08時00分 公開
特集/連載

「分子メモリ」がストレージを変える【前編】容量はHDDの100倍? 「分子メモリ」を使ったストレージとは

データが爆発的に増大する中、ストレージの進化がその速度に置いていかれているという見方がある。こうした問題の突破口として期待すべきなのが「分子メモリ」を使ったストレージだ。どのようなストレージなのか。

[John Edwards,TechTarget]
画像

 ストレージの記録密度を高める取り組みはいずれ、普遍的な壁に突き当たる。「量子力学の限界」に基づけば、これは不思議なことではない。データが増大を続ける世界では、限られた物理空間に、できる限り多くのデータを保存しなければならず、そのためには保存媒体をできるだけ小さくする必要がある。その限界が見えることは良いニュースではない。

 こうした悲観的な状況は、「分子メモリ」によって一変する可能性がある。分子メモリを利用することで、ドイツのキール大学の研究チームが、記録密度をHDDに比べて100倍以上に高める方法を発見した。

容量増大を実現する気になる仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

日本におけるカスタマーサクセスは「夜明け前」 これから乗り越えるべき3つの壁とは?
日本におけるカスタマーサクセス推進の鍵は「期待値コントロール」と「日本人の特性を踏...

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。