2019年11月06日 08時00分 公開
特集/連載

容量はHDDの100倍? 「分子メモリ」を使ったストレージとは「分子メモリ」がストレージを変える【前編】

データが爆発的に増大する中、ストレージの進化がその速度に置いていかれているという見方がある。こうした問題の突破口として期待すべきなのが「分子メモリ」を使ったストレージだ。どのようなストレージなのか。

[John Edwards,TechTarget]
画像

 ストレージの記録密度を高める取り組みはいずれ、普遍的な壁に突き当たる。「量子力学の限界」に基づけば、これは不思議なことではない。データが増大を続ける世界では、限られた物理空間に、できる限り多くのデータを保存しなければならず、そのためには保存媒体をできるだけ小さくする必要がある。その限界が見えることは良いニュースではない。

 こうした悲観的な状況は、「分子メモリ」によって一変する可能性がある。分子メモリを利用することで、ドイツのキール大学の研究チームが、記録密度をHDDに比べて100倍以上に高める方法を発見した。

容量増大を実現する気になる仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...