「5G」は従来型WANと何が違うのか? 4つのポイントで比較期待値が高いだけではない?

5Gは企業のWANが抱える課題を解消できる可能性がある。導入時間やコスト、クラウドサービスへの適合といった課題だ。

2019年12月23日 05時00分 公開
[Michaela GossTechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


 通信事業者や専門家が指摘する「5G」(第5世代移動通信システム)が世界にもたらすメリットは、単に携帯電話の通信機能の向上だけにとどまらない。

 5Gは企業ネットワークにおけるさまざまなWANの課題を解消できる可能性がある。クラウドやIoT(モノのインターネット)による新たなサービスが企業の間に広がりつつあり、ネットワークに高い性能が求められている。5Gを活用すればそのようなニーズに企業のネットワークを適用させやすくなる。

 調査会社Nemertes Research Groupの創業者でCEO(最高経営責任者)を務めるジョナ・ティル・ジョンソン氏は、「5Gは企業のWANに全く新しい状況をもたらす」と話す。同氏は最近のWebセミナーで5Gを取り上げ、企業のWANが抱える課題の解決策としての展望や予想される料金体系などを語った。「5Gのさまざまな特長と料金体系は、WANの観点から見て非常に興味深い」と同氏は指摘する。

5Gサービスで解消できるWANの課題

 「MPLS」(マルチプロトコルレベルスイッチング)を基本とする企業の従来型のWANだけでは、現在の企業ネットワークに求められるニーズを満たすことはできない。企業のWANが抱える次の4つの課題に対して、5Gの導入による解決が見込める。

コスト

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...