2020年02月21日 05時00分 公開
特集/連載

「衛星IoTネットワーク」とは? 宇宙で通信する意味と、地上にはない問題地上にはないリスクを想定

地上でどのようなネットワークでも直面する問題として、ハードウェアの老朽化がある。宇宙空間にある人工衛星を使った「衛星IoTネットワーク」を構築する場合、どのような問題が発生するのだろうか。

[Paul Kostek,TechTarget]

 宇宙空間に人工衛星を飛ばして地上のネットワークと接続し、IoT(モノのインターネット)ネットワークを運用する――。こうした「衛星IoT」は、人工衛星が地球にないからといってサイバー攻撃やハードウェア故障といったリスクを免れるわけではない。衛星IoTのネットワークの信頼性は、宇宙空間で生じる課題にどのように対処できるかに懸かっている。

 衛星IoTネットワークは、下記の課題を抱える可能性がある。

  • 人工衛星の老朽化
  • 人工衛星の物理的破損
  • 電源喪失
  • ネットワーク外部からの攻撃

 宇宙空間にある衛星IoTネットワーク用の人工衛星が老朽化して交換しなければならないときは必ず来る。その場合は人工衛星を交換するための資金と、新しい衛星を軌道に乗せるためのブースターなどが必要になるだろう。衛星IoTネットワークのダウンタイム(停止時間)を発生させないためには、現行の人工衛星の寿命が来る前に代替の人工衛星を打ち上げる必要がある。人工衛星発射の準備や人工衛星の製造にかかる時間を考慮に入れてスケジュールを組まなければならない。IoTネットワークの安定した接続性を保証するためには、予備となる人工衛星を打ち上げることも必要になるだろう。

地上のネットワークにはない「衛星IoTネットワーク」のさまざまな問題

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...