2019年07月16日 05時00分 公開
特集/連載

「Azure IoT」サービスを一挙紹介【前編】「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」「Azure IoT Central」の違いとは?

企業が自社のIoTデバイスを効率的に管理/監視できるようにする手段として、Microsoftが提供しているサービス群が「Azure IoT」だ。「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」など4種のAzure IoTサービスを紹介する。

[Kathleen Casey,TechTarget]
画像

 歩数の計測から部屋の温度調節まで、モノのインターネット(IoT)が日常生活に入り込んでいる。IoTに利用されるネットワーク接続型デバイス(以下、IoTデバイス)は、さまざまなデータを収集する機能を備えている。企業はこうしたIoTデバイスが集めたデータを集約し、処理し、そこから洞察を引き出す手段を必要としている。

 ユーザー企業はIoTデバイスの接続、保護、管理といったIoTに必要な機能をまとめたシステムを自前で構築するか、定型化されたサービスを利用して導入速度を上げるか、どちらかを選択できる。後者の代表例として、MicrosoftのIoTサービス群「Azure IoT」がある。本稿で取り上げるAzure IoTの特徴を確認し、自社のニーズに合うかどうかを確認してもらいたい。

Azure IoT Hub

 「Azure IoT Hub」は、IoTデバイスをクラウドで監視/管理するサービスだ。監視機能によって、デバイスの障害や接続状況など、さまざまなイベントを追跡し、システム全体の正常性を確保する。イベント駆動型のサーバレスアプリケーションを構築する「Event Grid」、ワークフローを自動化する「Logic Apps」、機械学習サービス「Azure Machine Learning Service」、リアルタイムのデータ分析機能「Azure Stream Analytics」などと連携する。

 IoTデバイスで実行するアプリケーションを構築するためのソフトウェア開発キット(SDK)「IoT Hub Device SDK」は、「Java」や「Python」といったプログラミング言語に加え、サーバサイドJavaScript実行環境の「Node.js」などを利用できる。

Azure IoT Edge

 「Azure IoT Edge」はAzure IoT Hubと似ており、IoTデバイスの管理/監視機能を備えている。Azure IoT Hubとの違いは、データをクラウド側ではなく、IoTデバイス側で直接分析する点にある。ユーザー企業はクラウドにデータ転送する必要がないため、データ分析による洞察を得るのにかかる時間を短縮できる。

 代表的なAzure IoT Edgeの構成要素である「Azure IoT Edge runtime」は、各IoTデバイスにデプロイ(配備)された専用モジュールの管理を担う。モジュールが正常に稼働しているかどうかを調査・報告し、セキュリティを確保し、IoTデバイス、モジュール、クラウド間の円滑な通信を提供する。

Azure IoT Central

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。