2021年01月20日 15時30分 公開
ニュース

クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?TechTarget発 世界のITニュース

MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services


 処理速度を強みとするクラウドデータウェアハウス(DWH)のスタートアップ(創業間もない企業)Fireboltは、投資ラウンド(企業への投資段階)の成長ステージに当たる「シリーズA」の資金調達で約3700万ドルを確保した。同社がこの資金調達を発表した2020年12月9日(現地時間)は、競合のSnowflakeがIPO(新規株式公開)を申請した2020年8月末から約3カ月後に当たる。SnowflakeはIPOで約34億ドルを調達している。

 ベンチャーキャピタルZeev Venturesが今回の資金調達ラウンドを主導し、TLV Partners、Bessemer Venture Partners、Angular Venturesといったベンチャーキャピタルから資金を獲得した。イスラエルのテルアビブに拠点を置くFireboltは、テラバイト規模やペタバイト規模のデータを素早く処理できるように設計されたクラウドDWHを主力製品とする。

高速処理のニーズ

 高速処理への要望が、共同創設者であり最高経営責任者(CEO)のエルダッド・ファルカシュ氏と、同じく共同創設者であり最高執行責任者(COO)であるザール・ビトナー氏を駆り立てた。両氏は以前、BI(ビジネスインテリジェンス)ベンダーSisenseの立ち上げを支援し、要職についていた。ユーザー企業のデータ活用推進担当者は「組織内でより迅速にデータを使用できるようにする方法を常に尋ねていた」とファルカシュCEOは述べる。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

ハヤカワ五味氏×本田哲也氏 社員全員PRマインドを作る方法を語る
「最新版 戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」出版記念イベントから、著者である本田...

news016.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテス...

news160.jpg

テレビCMの本当の広告効果とは? フジテレビジョンとサイカが共同研究
サイカが保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、こ...