クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?TechTarget発 世界のITニュース

MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。

2021年01月20日 15時30分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services


 処理速度を強みとするクラウドデータウェアハウス(DWH)のスタートアップ(創業間もない企業)Fireboltは、投資ラウンド(企業への投資段階)の成長ステージに当たる「シリーズA」の資金調達で約3700万ドルを確保した。同社がこの資金調達を発表した2020年12月9日(現地時間)は、競合のSnowflakeがIPO(新規株式公開)を申請した2020年8月末から約3カ月後に当たる。SnowflakeはIPOで約34億ドルを調達している。

高速処理のニーズ

ITmedia マーケティング新着記事

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。