テレワークの生産性測定に「AI」を生かす意味と、「監視だ」と警戒されないこつ「生産性測定」の難しさ【後編】

企業は何らかの方法でテレワーク中の従業員の生産性を測定する必要がある。そのための手段はどう進化しているのか。従業員との信頼関係を維持しながら生産性を測定するための心構えとは。

2021年03月17日 05時00分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 前編「Microsoft『生産性スコア』はなぜ批判された? テレワーク可視化の利点と課題」は、テレワーク時の生産性の測定が企業の管理者にどのような情報をもたらすかを紹介した。生産性の測定はプライバシーを脅かす可能性を除外できない限り、従業員の信頼を得るのは難しい。

「AI」を生産性測定に生かす

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...