2021年04月09日 13時00分 公開
特集/連載

PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供NEWS

中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

顧客満足 | データ | プラットフォーム


 PwC Japanグループは2021年4月6日、AI(人工知能)技術やVR(仮想現実)技術を使い、内装など中古住宅のリフォームをバーチャル空間で試行できる不動産仲介システム「Virtual Vintage Residence Lab」の提供を開始した。リフォームの具体的なイメージを再現するVRツールによって、こだわりの中古物件を求める消費者の興味を喚起するのが狙いだ。

リフォーム後の「希望の住宅」をシミュレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...