2021年04月09日 13時00分 公開
特集/連載

PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供NEWS

中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

顧客満足 | データ | プラットフォーム


 PwC Japanグループは2021年4月6日、AI(人工知能)技術やVR(仮想現実)技術を使い、内装など中古住宅のリフォームをバーチャル空間で試行できる不動産仲介システム「Virtual Vintage Residence Lab」の提供を開始した。リフォームの具体的なイメージを再現するVRツールによって、こだわりの中古物件を求める消費者の興味を喚起するのが狙いだ。

リフォーム後の「希望の住宅」をシミュレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...