2021年04月09日 13時00分 公開
特集/連載

PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供NEWS

中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

顧客満足 | データ | プラットフォーム


 PwC Japanグループは2021年4月6日、AI(人工知能)技術やVR(仮想現実)技術を使い、内装など中古住宅のリフォームをバーチャル空間で試行できる不動産仲介システム「Virtual Vintage Residence Lab」の提供を開始した。リフォームの具体的なイメージを再現するVRツールによって、こだわりの中古物件を求める消費者の興味を喚起するのが狙いだ。

リフォーム後の「希望の住宅」をシミュレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...