2021年04月09日 13時00分 公開
特集/連載

PwC Japan、AIとVR技術を利用した不動産仲介システムを提供NEWS

中古住宅の買い手が見つからない「空き家問題」の解決に向け、PwC Japanグループはバーチャル空間で中古住宅のリフォームを試行できるツールを搭載したシステムを提供。不動産売買マッチングの精度向上を目指す。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

顧客満足 | データ | プラットフォーム


 PwC Japanグループは2021年4月6日、AI(人工知能)技術やVR(仮想現実)技術を使い、内装など中古住宅のリフォームをバーチャル空間で試行できる不動産仲介システム「Virtual Vintage Residence Lab」の提供を開始した。リフォームの具体的なイメージを再現するVRツールによって、こだわりの中古物件を求める消費者の興味を喚起するのが狙いだ。

リフォーム後の「希望の住宅」をシミュレーション

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

「Spotify」がさらに市場拡大 まさに音速の勢いでアフリカ大陸まで届く
「Spotify」の10億人ユーザー獲得への成長ロードと、パンデミック後へのしたたかな戦略

news125.jpg

電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。

news112.jpg

集英社が主要Web媒体の広告枠をアドベリフィケーション対応に
主要媒体の基本的な純広メニューおよびPMPでのディスプレイ広告につき、あらかじめ広告主...