2021年07月03日 05時00分 公開
特集/連載

「iPad」がMacの“無線拡張ディスプレイ”に変身? 「iPadOS 15」の注目機能マルチタスク強化でノートPCにさらに近づく「iPad」

Appleの「iPadOS 15」は、「MacBook」「Mac」との連携や、複数アプリケーションを同時に操作するマルチタスク機能の強化を図った。具体的にどう役立つのか

[Maxim Tamarov,TechTarget]

 Appleはタブレット「iPad」用のOS「iPadOS 15」で、iPadをノートPCのように使うための機能を充実させる。2021年に6月に開催した開発者向け年次イベント「Apple Worldwide Developers Conference 2021」(WWDC)で、同社はiPadOS 15の新機能を発表した。複数アプリケーションを並べて表示しやすくする新しいボタンを追加する他、ノート型デバイス「MacBook」やデスクトップ型デバイス「Mac」の外付けディスプレイとしてiPadを使う機能を強化。iPadで直接アプリケーションをコーディングできるツールの提供も始める。

 WWDCでは、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるクレイグ・フェデリギ氏が「iPadOSに組み込んだ独自の機能でiPadのあらゆるニーズに対応する」と述べた。同社はiPadOS 15のβ版提供を2021年7月、一般提供を2021年秋に開始する。本稿は、同社がiPadOS 15に追加した注目すべき新機能を説明する。

マルチタスクを強化、iPadの“無線拡張ディスプレイ”化機能も

 iPadOSには、同時に複数のアプリケーションを閲覧可能にする「Split View」「Slide Over」などのマルチタスク機能は以前からあった。AppleはiPadOS 15で操作方法を強化した。複数アプリケーションを並べて表示するための専用ボタンや、起動中のアプリケーションを格納するための「シェルフ」という新しい領域を追加する。

 従来はタスクバーからアプリケーションをドラッグしてマルチタスク機能を利用する必要があった。iPadOS 15はアプリケーションウィンドウの上部に専用ボタンを追加する。エンドユーザーがこのボタンをクリックすると、利用中のアプリケーションが画面の片側に移動する。次にホーム画面から2つ目のアプリケーションを選択すると、1つ目のアプリケーションの反対側に2つ目のアプリケーションを表示できる。アプリケーションの画面を下にスワイプ(指をスライドさせる操作)してホーム画面から別のアプリケーションを選ぶと、アプリケーションを入れ替えることができる。

 iPadOS 15では、エンドユーザーは2つのアプリケーションを開いたまま新しいウィンドウを開くことができる。例えばメールアプリケーションと別のアプリケーションを開いた状態で、その上に新しいメールウィンドウを重ねて開き、画面の中央でメールを読むことが可能だ。これによりアプリケーションの配置を何回も切り替える必要がなくなる(画面)。

画面 画面 複数ウィンドウを開いたときのイメージ(出典:Appleのプレスリリース)《クリックで拡大》

 新機能のシェルフを使用すると、アプリケーションを終了せずにウィンドウを最小化して、後で開くこともできる。MacBookやMacのショートカットバー「Dock」と同じように、シェルフはエンドユーザーが開いているウィンドウを全て含む。エンドユーザーは画面をスワイプしてシェルフを表示し、ウィンドウを切り替えることができる。

 「ユニバーサルコントロール」は、1つのキーボードとマウスを使ってMacBookやMacとiPadの間で画面をドラッグしたり、カーソルを移動させたりするための新しい機能だ。ケーブルで接続することなく、まるで複数のディスプレイ同士がつながっているかのように画面を操作できる。

iPadでアプリケーションを開発、App Storeに公開できる機能も追加

 開発者に向けて、Appleはプログラミング言語「Swift」を学習するためのiPad用アプリケーション「Swift Playgrounds」の新バージョンも提供する。開発者はSwift Playgroundsで、Swiftを使ったアプリケーションのコーディングとテスト、Apple製品用アプリケーションストア「App Store」へのアプリケーションの登録ができるようになる。コーディング画面の横に作成中のアプリケーションのライブプレビューを表示できる他、コードを手動入力せずにコードの候補から追加することもできる。

 iPadOS 15では、エンドユーザーはウィジェットをホーム画面の好きな場所に配置できる。ウィジェットには天気やバッテリー残量、株価、カレンダーなどがある。

 AppleのiPadOS 15発表の背景には、タブレットの需要急増がある。調査会社IDCの報告書によると、2021年第1四半期(1月〜3月)の世界のタブレット出荷台数(暫定)は3990万台で、前年同期の2570万台と比べて55.2%増加した。Appleは出荷台数シェア31.7%でトップを維持し、シェア20.0%の2位Samsung Electronicsに差を付けている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。