2021年09月20日 05時00分 公開
特集/連載

IT幹部を「医療DX」に夢中にさせた、採用面接での医療会社CEOの“あの一言”グローバル医療サービス会社のDX【前編】

民間の医療サービス会社BupaはDX推進の一環で、Microsoftの支援を受けてクラウドサービスを活用している。同社が目指す「パーソナライズ医療の提供」と、それに向けた取り組みを説明する。

[Caroline Donnelly,TechTarget]

 Bupa HIは民間のグローバル医療サービス提供会社だ。医療保険や病院・診療所の運営、歯科治療の提供などを手掛けている。同社はデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の一環として、世界規模でクラウドサービスを活用している最中だ。世界で3100万人の顧客を擁する民間医療サービスのパーソナライズ化を進めるために、同社と長年の取引があるMicrosoftとの関係をより深めている。

 DXを主導するのは、同社で最高技術責任者および最高設計責任者を務めるダイアナ・ケネディ氏だ。「当社は世界に通用する臨床サービスを、患者が最も必要とするときに最も必要とする場所に、いつでもどこにでも届けられるようにする機会を生み出したいと考えている」とケネディ氏は語る。

ケネディ氏がDX推進に取り組む理由 CEOの“あの一言”が後押し

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...