FinTech企業の英国投資額トップ5は? Revolut、Monzo……活況のFinTech業界に影を落とすジェンダーギャップ【前編】

2021年の英国のFinTech業界は投資が減速した2020年から一転し、投資額は前年比で200%以上増加した。特に投資を集めているFinTech企業とは。

2022年03月02日 10時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

金融


 2022年1月にFinTech(金融とITの融合)の業界団体Innovate Financeが発表した調査データによると、英国のFinTech業界は、2021年に約116億ドルの投資を受けた。投資が減速した2020年の約37億ドルから217%増加し、回復を果たした格好だ。この回復ムードに、FinTech業界におけるジェンダーギャップが水を差している。Innovate Financeの調査によると、2021年に英国FinTech企業が受けた総投資額のうち、女性創業者企業が受けた投資額の割合は、2019年と比べて下がっていた。

Revolut、Monzoだけではない FinTech業界の英国投資額トップ5は?

 Innovate Financeによると、2021年の英国FinTech業界では713件の投資プロジェクトが成立した。英国FinTech業界への投資額の増加は、世界的な動向を反映したものだ。世界全体では、FinTech業界への2021年の投資額は前年比183%増だった。総投資額は約1020億ドルに達している。

 2021年に最も多く投資を受けた国は、約460億ドルの資金が集まった米国だ。約116億ドルを集めた英国は2位だった。3位は約63億ドルのインドで、約44億ドルのドイツと約38億ドルのブラジルがそれに続いた。

 英国で2021年に投資を受けたFinTech企業のうち、受けた投資額が多かった上位5社は以下の通りだ。

  • Revolut(チャレンジャーバンク:ITを活用して金融サービスを提供する振興銀行)
  • Monzo Bank(チャレンジャーバンク)
  • Copper Technologies(デジタル資産インフラベンダー)
  • Checkout(決済サービスベンダー)
  • Starling Bank(チャレンジャーバンク)

 後編は英国FinTech業界におけるジェンダーギャップの問題を取り上げる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...