Oracleが「電子カルテ」ベンダーを買収する“なるほどの理由”Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【前編】

Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーCernerを買収する。なぜEHRベンダーなのか。クラウドサービス事業との関係とは。買収の狙いを専門家が探る。

2022年03月16日 10時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

 Oracleは、電子カルテ(EHR:電子健康記録)大手のCernerを買収する。買収金額は約283億ドルで、2022年内に買収手続きを完了する見込みだ。Cernerの主要顧客には米国退役軍人省(VA)といった公的機関が含まれている。

 「Cernerは、その事業を世界の多くの国に拡大する中で、さらに大きい収益機会を得ることになる」。OracleのCEOであるサフラ・キャッツ氏はこう述べる。

だからOracleは「電子カルテ」ベンダーを買収する

 調査会社Constellation Researchのアナリストであるレイ・ワン氏によると、EHRはIT市場の中で最も急速に成長している分野の一つだ。OracleはCernerのEHRシステムから得たデータを活用し、特にヘルスケア業界の顧客に対するサービスを拡大させると同氏はみる。

 Oracleの競争力の源泉はクラウドサービスだと、ワン氏は指摘する。EHRシステムをはじめとしたヘルスケア関連システムは「膨大な量のデータを転送し、膨大なストレージを要する」(同氏)。そのためEHRシステムのインフラにはクラウドサービスが適しているという。

 ITコンサルティング会社Pund-ITのアナリストであるチャールズ・キング氏は「今回の買収は、企業ITにおける2つのトレンドを示している」と述べる。1つ目はクラウドベンダーがヘルスケアや金融サービスなどの規制業界で、重要な地位の確保を狙っていること。2つ目は、データ分析技術で自社とユーザー企業のデータの価値を最大限に高めることだ。

 今回の買収は、Oracleにとって「ビジネスを拡大させる機会になる」とキング氏は述べる。「買収により、Oracleがヘルスケア業界のユーザー企業に提供できる製品/サービスは充実する」(同氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。