Oracleの電子カルテ大手Cerner買収が“お得過ぎる”理由 打倒AWSにも効果かCerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【中編】

電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを約283億ドルで買収するOracle。この買収は、Oracleがクラウドサービス市場での攻勢を強める上で重要だと専門家は指摘する。それはなぜなのか。

2022年03月23日 08時15分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

 Oracleは電子カルテ(EHR:電子健康記録)大手のCernerを約283億ドルで買収する。前編「Oracleが『電子カルテ』ベンダーを買収する“なるほどの理由”」に続く本稿は、OracleにとってCerner買収にどのようなメリットがあるのかを整理する。

Cerner買収はOracleにとって“二重の喜び”だった?

 今回の買収はOracleにとって「二重の喜びになる」と、調査会社Constellation Researchのアナリストであるレイ・ワン氏は言う。CernerがクラウドサービスにおけるOracleの競業である、Amazon Web Services(AWS)のユーザー企業だったからだ。

 「Cernerを買収することで、Oracleは業務アプリケーションのラインアップをより充実させると同時に、AWSから顧客を奪うことができる」。IDCのクラウド&エッジインフラストラクチャサービス担当リサーチバイスプレジデントを務めるデーブ・マッカーシー氏は、こう話す。Cernerの買収は「Oracleがクラウドサービス市場で競争優位性を保つために、それだけ多額の投資をしていることを意味する」とマッカーシー氏は続ける。

 OracleはCernerのEHRシステムのインフラとして、Oracleのクラウドサービス群「Oracle Cloud Infrastructure」を利用する意向を示している。「CernerのEHRシステムを『Oracle Generation 2 Cloud』で稼働させる」。Oracleのバーティカル・インダストリー担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるマイク・シシリア氏は、こう説明する。Oracle Generation 2 Cloudは、Oracleの最新クラウドサービスが利用できる、大企業向けのクラウドデータセンターだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...