2022年05月19日 08時15分 公開
特集/連載

「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】

従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。

[Joe O'Halloran,TechTarget]

関連キーワード

人事 | 在宅勤務


 「『ハイブリッドワーク』は今後も続く」――Web会議デバイスベンダーのPlantronics(Polyの名称で事業展開)は調査レポート「Evolution of the Workplace」(注)で、このように結論付けた。

※注:従来一般的だった「午前9時から午後5時までの勤務形態」に対する従業員の考え方の変化と、オフィスの役割の変化に関する調査レポート。分析は2021年8月に調査会社Censuswideが実施した、ハイブリッドワーカーに対するオンラインのオムニバス調査に基づく。調査対象は、世界7カ国のハイブリッドワーカー7261人。調査対象国は、英国、フランス、ドイツ、ポーランド、スウェーデン、スペイン、アラブ首長国連邦。

 前編「調査が示す『テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由』」は、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が支持される要素を紹介した。続く中編は、ハイブリッドワークの短所に関する調査結果を紹介する。

「常時オン」で疲弊、「雑談のなさ」に寂しさを感じる従業員

 大抵の従業員はテレワークにメリットを感じている。だが誰もがスムーズにテレワークに移行できたわけではない。Plantronicsは調査レポートで「好きなときに働くこと」と「常時オン」であることの境界線が曖昧になっていると指摘する。回答者の58%は、テレワークが増えることで「自身が『常時オン』でいつでも業務に従事できる状態になっており、仕事から離れてリラックスしたり、休憩したりできないと感じる」と答えた。

 テレワークの短所に関する最も多い回答は「同僚との雑談がない」だった。次いで「規定の勤務時間外に働くことを期待される」という回答が多かった。その他、「協働が難しい」「テクニカルサポートの欠如」「テレワークができるような設備が(自宅に)ない」といった回答も上位に挙がっている。Plantronicsは「この結果は、効率よく働くために必要なツールを支給されていない従業員が多いことを示唆している」と指摘する。

 回答者の47%は、テレワークだと「同僚や先輩からの学びの機会を失う」と考えており、52%は「ハイブリッドワーカーやテレワーカーは、オフィスに常勤する従業員と異なる扱いを受ける可能性がある」と考えていた。

 PlantronicsでEMEA(欧州、中東、アフリカ)セールス担当シニアバイスプレジデントを務めるポール・クラーク氏は、「ハイブリッドワークを成功に導くためには、こうした課題に正面から取り組まなければならない」と話す。企業は従業員をあらゆる活動の中心に置き続け、ハイブリッドワークで業務を遂行するためのツールを提供する必要がある。「企業は、好きなときに働けることと、常時オンであることを混同してはならない」と同氏は指摘する。

 健全な業務環境を整備し、好きなときに働く権限を従業員に与える企業は、従業員の幸福度と生産性を高める――とクラーク氏は考えている。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響で、業界を問わずに『大量退職』現象が起きている。このような状況で、こうした取り組みは特に重要なことだ」(同氏)


 後編は、オフィス回帰に対する従業員の不安と、問題解決に向けたポイントを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...