AWSに追随? 「DPU」を欲しがるMicrosoftの思惑Fungible買収でMicrosoftが狙うのは【前編】

MicrosoftはDPU開発会社Fungibleを傘下に収めた。クラウド業界ではDPUを巡って競争が激化している。Microsoftがこの買収に込めた狙いとは。

2023年03月14日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 MicrosoftはDPU(Data Processing Unit:データ処理装置)開発の新興企業Fungibleを買収したと、2023年1月9日(米国時間)に発表した。この買収を巡っては、意表を突かれた業界関係者もいた。しかしクラウドサービスに注力するMicrosoftの戦略から考えれば「それほど驚くべきものではない」とアナリストはみる。

そもそもDPUとは Microsoftはなぜ欲しがっているのか

 DPUはプログラムで制御できるプロセッサだ。例えば通信のタスクをCPU(中央処理装置)から切り離し、CPUをそれ以外のタスクに使用してシステムのパフォーマンス向上を図ることが可能になる。調査会社Evaluator Groupのシニアストラテジスト兼アナリストのランディ・カーンズ氏は、「DPUを活用することでハードウェアの性能を引き出しやすくなり、ハードウェアの費用対効果が高まる」と述べる。

 Fungibleはここ数年、DPUベンダーとして知名度を高めてきた。同社製DPUは、ユーザー企業がシステムを拡大する際、ストレージ構成を変更しやすいように設計されている。

 MicrosoftのFungible買収の背景には、クラウド業界での競争激化がある。Amazon Web Services(AWS)は、パフォーマンス向上のための専用ハードウェアとソフトウェア群「AWS Nitro System」を同社のクラウドサービスに採用している。AWS Nitro Systemには、DPUと同類の機能を備えた装置「Nitro Card」が含まれる。AWSは2022年11月〜12月に米ラスベガスで開催したイベント「AWS re:Invent 2022」で、AWS Nitro Systemの最新版「AWS Nitro v5」を発表し、この技術に投資し続けていることをアピールした。

 米TechTargetの調査部門ESG(Enterprise Strategy Group)のプラクティスディレクターであるスコット・シンクレア氏は、「MicrosoftはFungible買収によってAWSと同じ戦略を取る」と読み取る。Microsoftは今後、Fungibleの技術を生かし、クラウドサービス群「Microsoft Azure」に独自のDPUを搭載してデータ処理速度の高速化を図る可能性があるとシンクレア氏はみる。


 後編は、Fungibleがどのような会社なのかを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...