TechTargetジャパン

高可用性と災害復旧を重視
IT担当者の85%が「復旧に自信がない」 ITの復旧力に関するレポートで本音
ITの復旧力に関する最新のレポートが発表された。大小さまざまなマルウェアによる攻撃、自然災害などのIT障害に見舞われた年のレポートにはIT担当者の本音が表れていた。(2018/6/4)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】
どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介
オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。(2018/5/21)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第3回】
バックアップ/DRで「システムの切り替え先にクラウドを使用する」8つの方式
オンプレミスからクラウドへ「サイト間のシステム切り替え」をしたい場合に用いる8つの方式を解説する。クラウドを使ったバックアップ/DRのための製品を比較選定する際に役に立つはずだ。(2018/2/22)

経験者は「自然災害に万能の解決策なし」と語る
自然災害からデータを守るIT緊急時対応とは、米国の「反省点」から学ぶ
マネージドサービスプロバイダー(MSP)のData Integrity Servicesは、ハリケーン「イルマ」に備えるだけでなく、その余波にも対応し、顧客のデータを保護した。同社の取り組みを紹介する。(2018/1/23)

1カートリッジで32TB格納
テープ新規格「LTO-8」は速度、テープ送り、耐久性、容量の全てが進化 その適用範囲は?
次世代テープ規格「LTO-8テープ」は、これまでにないほど膨大な量のデータを格納して保護したいと考えているあらゆる規模の企業にとっての好機となる。(2018/1/9)

クラウドとのコーペティションを実現
“最適解”が見えてきたハイパーコンバージドインフラの活用
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、もともと仮想デスクトップインフラ(VDI)などニッチな市場から成長、普及した。現在は企業のデータセンターに導入され、クラウドと密な関係を構築している。(2017/12/20)

時代はテラバイトからペタバイトへ
テープ新規格「LTO-8」は1カートリッジで32TBを実現、どこまで大容量、高速になるのか
次世代テープ規格「LTO-8」は容量倍増を予定しており、データアーカイブ用途として有力な選択肢になりそうだ。テープシステムは階層型ストレージで効果的な役割を発揮できる、と関係者らは語る。(2017/9/28)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第2回】
「クラウドをバックアップデータの複製先」とする場合の構成と注意点
クラウドをバックアップデータの複製先として利用する際の構成パターンと注意点を解説する。希望の構成パターンの実現可否をベンダーに確認することで、製品/サービス選定に役立てることができるだろう。(2017/9/27)

急がば回れ
業務アプリケーションのクラウド移行に立ちはだかる3つの関門
社内アプリケーションをとにかくパブリッククラウドに移行すれば良い、と考える企業も少なくない。だが本当にそうだろうか。移行前に3つの質問に答えられないとその移行は間違っているかもしれない。(2017/9/19)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第1回】
クラウドをバックアップ/DRに活用するには? 目的別に要件を固める
「クラウドにバックアップデータを保存したい」「クラウドを災害対策(DR)に活用したい」場合に、幾つかの確認事項がある。クラウドを活用したバックアップ/DRについて目的や要件を整理する。(2017/8/31)

まずはDRの要件を定義しよう
災害対策/災害復旧(DR)に、SDNによるネットワークの自動化が役立つ理由
ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)はデータのバックアップやレプリケーションに役立つ。災害対策(DR)プラットフォームでSDNを使用することを検討している場合は、まずDRの要件を定義しよう。(2017/7/3)

テープやHDDとどう併用するか
データ保護にクラウド導入、納得感ある選択へ4つの質問
本稿では、バックアップや災害復旧といったデータ保護戦略に使用するクラウドサービスを決定する際に問うべき質問を紹介する。(2017/6/19)

SAPの災害対策サイトを構築する6つの秘訣
高いと諦めていた、SAPの災害対策サイトをクラウド活用で実現
災害対策の重要性は理解していても、SAPのような大規模システムではどう着手してよいか分からないという企業は多い。クラウドを活用し、コストを抑えたDR手法を紹介する。(2017/5/24)

クラウドは管理不能という現実
痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」
Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。(2017/4/28)

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

医療機関がサイバー犯罪者に狙われる
2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント
2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。(2017/3/6)

「Operations Management Suite」に新機能
「Office 365」で大丈夫? と思う企業が使うべきハイブリッドクラウド環境管理ツールの実力
「Office 365」は比較的成功しているが、導入に二の足を踏んでいる企業もある。「Operations Management Suite」の新機能は、こうした企業が抱いている懸念の一部を軽減しそうだ。(2016/10/26)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第3回】
1製品でカバーできる、「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイント
バックアップサーバとバックアップ保存先ストレージを併せ持ち、1つのバックアップ製品で環境全体をバックアップできる「統合型バックアップアプライアンス」の製品選定ポイントを解説する。(2016/10/26)

ハイパーコンバージドは「期待先行」
ハイプ・サイクルで予測する注目ストレージ技術、“幻滅期”にあるのは?
ハイプ・サイクルとはGartnerが提唱する「技術のライフサイクル」だ。新技術は周囲の期待を集めて進化して絶頂期を迎え、幻滅とともに姿を消すか、普及によって安定期を迎える。最新のストレージ技術の将来は?(2016/10/19)

性能重視で選ぶなら一択
サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを
組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。(2016/9/2)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第3回】
「SDN」編──“ネットワーク管理に向いていない人類”を助けるはずだった
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は、この一連の連載で主役となる「SDN」の登場経緯から派生技術までを解説する。(2016/5/10)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

小さな投資でクラウド環境を「お試し」できる
クラウドサービスを“スモールスタート”、はじめの一歩はバックアップから
クラウドサービスの発展により、バックアップやディザスタリカバリも安価に開始できるようになった。しかし、サービスが多様過ぎて選びきれないケースもある。予算と相談して柔軟に選ぶベストな方法はないだろうか。(2016/3/25)

オールフラッシュ軸に進む業界再編
ストレージ業界で何が起きているのか? 巨額買収だけではない大激変の“予兆”
2015年はデータストレージ業界にとって変化と新技術に富んだ1年となったが、中でも最大のディスラプション(創造に向けた破壊)は米Dellによる670億ドルでの米EMCの買収だった。(2016/1/14)

SSD、オールフラッシュ技術の獲得が相次ぐ
ストレージ業界を変えた2015年の大型買収、DellのEMC買収は序章にすぎない
2015年のストレージ業界では企業買収が盛んに行われたが、米Dellによる670億ドルでの米EMC買収を前にしては他のどの案件もかすむ。米SanDiskや米Veritasが買収されたことさえもだ。(2016/1/8)

2015年に検索されたキーワードは?
プロなら知らないとはいえない、10のストレージ重要用語まとめ
ITプロフェッショナルが2015年に頻繁に検索していたデータストレージ関連用語のトップ10を解説する。自社で導入した技術を理解するのに苦労した人にとっては、理解の一助になるだろう。(2016/1/7)

仮想化とディザスタリカバリ
徹底解説:Hyper-Vの災害復旧(DR)機能
Hyper-Vはバージョンアップを重ねてVMware vSphereとそん色ないレベルになった。バックアップやスナップショット、ライブマイグレーション、VMレプリケーションなど、各種機能を詳しく解説する。(2015/12/25)

「E-JAWSカンファレンス」リポート
AWSが丸紅グループにもたらしたものは「足かせのない自由なIT投資」
総合商社の丸紅は2013年秋から、2つのプライベートクラウドをAWSへ順次移行している。得られたのはDRの実現や運用自動化の他、“勝ち組”AWSならではのメリットだ。(2015/12/15)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第4回】
ハイブリッドクラウド環境での理想的なDR方式と製品選定ポイント
ハイブリッドクラウドを実現する際に考えておきたいのがDR(事業継続)だ。DRを構成する4つの技術要素とともに、可用性を高める仕組み、バックアップ/DRソリューション選定のポイントを解説する。(2015/10/26)

VDIはDRに使えない?
『ジュラシックパーク』の惨事を繰り返さないためにDaaSにできること
DaaSを災害対策に利用すれば、予備PCのプロビジョニングとメンテナンスをアウトソーシングすることで、コストとリソースを節約できる。(2015/10/23)

データ保護/セカンダリストレージまで
広がる「ハイパーコンバージド」の波と、ベンダーのざわめき
ハイパーコンバージドインフラはプライマリストレージに影響を与えているが、ベンダーはこのインフラのコンセプトをデータ保護にも応用しようとしている。(2015/9/17)

NYSE、WSJのシステム停止はなぜ起きた?
今日もまたコンピュータが動かない――その理由と対策
仮想化と自動化のソフトウェアのおかげでシステム障害への対応は迅速に行われるようになったものの、有名企業はいまだにシステム停止の憂き目に遭っている。(2015/8/11)

インターネット経由でDR対策を実現
運用やコストの悩みから解放する、バックアップソフト不要の簡単バックアップ術
増加するデータやコスト、複雑化する運用管理。IT担当者が抱えるバックアップの悩みはつきません。バックアップソフトいらずで、その悩みを解決する方法を紹介します。(2015/7/29)

仮想環境の“データ保護”製品選定【DR編】
災害対策、迷ったらこれを選ぶ 〜3つのDR方式を徹底解説
障害や災害に備え、企業はどの程度のシステムの災害対策(DR)を行うべきなのだろうか。DRには大きく分けて3つの方式がある。それぞれの目的や実装パターンとは。(2015/5/22)

NEWS
Linux向け高速バックアップ/リカバリ製品、ストレージクラフトが投入
ストレージクラフトがWindowsシステム向けで定評のあるバックアップ/リカバリ製品のLinux版を発表。同時に日本でのビジネス戦略を発表した。(2015/5/20)

米Googleが明かす障害復旧の舞台裏
Gmail消失事故で分かった「だからテープバックアップが必要なんだ」
米Googleで発生した2011年のメール障害。そこから得られた教訓は、実に興味深いものだった。Googleスタッフが明かした障害復旧の舞台裏を示す。(2015/5/15)

SMB向けバックアップソフト紹介:デル・ソフトウェア
CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」
デル・ソフトウェアのバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」は、「継続的なデータ保護」「迅速なシステムリストア」「どこにでもリカバリ」の実現を支援する機能を備えている。(2015/5/12)

「Azure Site Recovery」登場で変わる市場
「DRaaS」をめぐる頂上決戦、Microsoft vs. VMwareの行方は
Azureのクラウド障害復旧サービス「Azure Site Recovery」は、VMwareの「vCloud Air Disaster Recovery」とどう戦うのか。(2015/4/26)

読者調査で分かった企業の関心事項
2015年は何に投資する? 仮想サーババックアップに代わるIT分野とは
TechTargetが実施した「2015年のIT投資の優先度」調査の結果、仮想サーババックアップの優先度が減少していることが分かった。では、企業が次に投資を検討しているのは何か?(2015/4/3)

非構造化データに最適なオブジェクトストレージ3つの特徴
活用シーンが見える:最新オブジェクトストレージ、企業内での“使いどころ”
企業内に蓄積された非構造化データをビジネスに活用する動きが活発化している。そのためには、従来の長期保存用ストレージから、柔軟かつ効率的なデータ管理が行えるオブジェクトストレージに主眼を移す必要がある。(2015/3/6)

それぞれのメリット/デメリットを検証
仮想デスクトップの緊急時対策を比較、「Hyper-V」「Windows To Go」は役立つ?
仮想デスクトップの災害復旧計画はどのように計画するのがよいのだろうか。Hyper-V、Windows To Go、ストレージレプリケーション、オフライン仮想デスクトップについて検証した。(2015/2/18)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化時代のバックアップと災害復旧
仮想化を利用するメリットの1つに、バックアップ対応の充実が挙げられる。新旧のサプライヤーが提供する製品を紹介する。(2015/2/17)

災害時にFacebookやTwitterを企業はどう使う?
デマ拡散リスクを回避し“ソーシャル2次災害”を防ぐには
ディザスタリカバリ(災害復旧)計画の一環として、災害時の情報伝達に関するソーシャルメディアポリシーを定めておくことが大切だという。その理由を専門家に聞いた。(2014/9/1)

Microsoft Azureスマート解説【第6回】
インフラエンジニア不要論も? Microsoft Azureのインフラサービスを一挙紹介
Microsoft Azureが提供するSQLデータベース、仮想ネットワーク、ロードバランサ、CDNの4サービスを紹介する。いずれもハードウェアやミドルウェアを気にすることなくインフラを利用することができる。(2014/8/28)

「AWS Summit Tokyo 2014」EdTech & Research セッションリポート
信州大学がAmazonクラウドで災害対策 「クラウドは自前で作るものじゃない」
全学内システムのクラウド移行を目指す信州大学。当初は自前でのクラウド環境構築に挑んでいたが、「Amazon Web Services」をはじめとする商用クラウドの利用へとかじを切った。その理由とは何か。(2014/8/14)

スペックだけでは選ばない
4つの用途で考える、Windows Server 2003移行のサーバ選び
Windows Server 2003移行でおろそかになりがちなサーバ選定。代表的な4つの用途(ファイルサーバ、サーバ仮想化、バックアップ/DR、VDI)を想定し、Windows Server 2012を最大限に活用するためのサーバ選びのノウハウを解説する。(2014/6/30)

NEWS
SAP HANA最新版登場――RHEL対応や分析機能強化、クラウド連携も
SAPジャパンは、「SAP HANA」のサービスパック8(SP8)の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)対応、予測解析機能の強化、クラウド連係などを実現している。(2014/6/27)

重要度別データ保護のススメ
仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ
ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。(2014/6/19)

SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供
【徹底比較】エントリー向け重複排除バックアップアプライアンスの機能と導入コスト
中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。(2014/4/2)

障害復旧の専門家に学ぶ
ベンダーに惑わされない障害復旧計画の立案
障害復旧の専門家、ジョン・トイゴ氏が、業界に広まっている通説を一刀両断。障害復旧の本質から導き出された、本当に必要な対策とは何か?(2013/10/29)