TechTargetジャパン

技術文書
IoTアプリケーションに最適な Bluetooth Low Energyの 使用例
Bluetooth Low Energy技術の仕組みと、IoTデバイスをインターネット・ベースのサービスやアプリケーションに接続するためにこの技術を使用する方法について説明する。(2015/1/23 提供:ユーブロックスジャパン株式会社)

レポート
IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい
 2014年4月8日〜9日に米国カリフォルニア州サンノゼにおいて、Bluetooth SIG主催のカンファレンス「Bluetooth World」が開催された。会場を見て回ると、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothがZigBee(IEEE 802.15.4)などよりも広く採用されているという印象を...(2014/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【製品開発インタビュー】カシオが考えるスマートウオッチ「STB-1000」
 「G-SHOCK(ジーショック)」「PROTREK(プロトレック)」「OCEANUS(オシアナス)」などの腕時計ブランドを有するカシオは、Bluetooth 4.0 で追加された低消費電力通信規格「Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)」に対応する“世界初”の腕時計として、G-SHOCK「GB-6...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Bluetooth 4.2 セキュリティとプライバシー保護の機能を強化
 さまざまなモノがインターネットにつながる中、自分の行動が簡単に追跡されてしまうという、プライバシーに対する懸念も高まっている。Bluetooth 4.2では、セキュリティとプライバシー保護の機能が強化された。今回は、「LEプライバシー」と呼ばれる仕組みを紹介しよう...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoTに「簡単に使える」、最新のBluetooth Low Energy技術。IoT対応モジュールとは?
IoT(Internet of Things) 機器の元年と言われている、2014年。このIoT機器開発キットのコア技術として、TDK社のSESUB-PAN-T2541を使いアンテナ付超小型 Bluetooth Low Energy(BLE)として技適対応のBluetooth Low Energyモジュール「TBUS-01」を開発。ANCS プロファイル...(2014/9/19 提供:株式会社テレパワー)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス
 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ 多くのウェアラブルデバイスに採用されているBluetooth Low Energyには、プライバシー保護の面で問題があるという。■導...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 2015年セキュリティトレンド
 常に変化し続けるITセキュリティ。攻撃者の手段を理解し、新たな脆弱性を知り、次世代の防御手段を導入することが常に求められる。 本PDFでは、攻撃者が多用したセキュリティ脆弱性、ウェアラブルデバイスで顕在化したセキュリティリスク、進化を続ける認証手段のトレ...(2015/9/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
“つながるクルマ”を正しく作る、マツダの電磁波シミュレーションに迫る
 クルマの電子制御化の傾向はさらに強まっており、最近は「つながるクルマ」という言葉も登場し、クルマはますます「走る情報端末」としての側面を強めている。このような状況の下、電波によるクルマ制御のトピックとして、「重大事故発生時の自動通報システム」、「盗難...(2015/10/26 提供:日本イーエスアイ株式会社)

技術文書
カーテレマティクスの先進事例から学ぶ、製造業IoTのヒント
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れは、製造業にも大きな変革をもたらすといわれています。 しかし、その一方で具体的な活用の道筋や効果が見えづらい状態にあり、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業も少なくありません。 本稿では、代表的なIoTの...(2016/5/23 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月11日号:新トランジスタで蘇るムーアの法則
 Computer Weekly日本語版 5月11日号は、以下の記事で構成されています。■「ムーアの法則」の復権──消費電力を1/100にする新トランジスタの可能性■もう管理しきれない……企業にまん延する「パッチ疲れ」が深刻化■「Windows PowerShellは凶器」セキュリティ専門家...(2016/5/11 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
PS4の中身から、半導体の未来を占う
 半導体や電子機器の解析を手掛けるカナダの Chipworks は、スマートフォンやタブレット端末の分解リポートを公開する iFixit と共同で、ソニーの「プレイステーション 4(PS4)」を分解した。 「ソニーは、7年をかけて開発した多くの革新的な設計を PS4 に盛り込んだ」...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
産業用の「現場で使える」タブレット端末を使っていますか?
 あなたの現場で使用しているデバイスはどこまで信頼できる端末だろうか? 急速に普及の進んでいるスマートデバイスは、製造現場をはじめ、物流倉庫や店舗、さらに医療現場などあらゆる分野において多様な情報とのインターフェイスとして需要が高まっている。 Avalue ...(2016/4/28 提供:Avalueジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ■導入が進むOpenStackに潜む「間違ったアプローチ」に注意■コネクテッドカーの増大でモバイルネットワークが破綻する?■...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ■導入が進むOpenStackに潜む「間違ったアプローチ」に注意■コネクテッドカーの増大でモバイルネットワークが破綻する?■...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
iPad ProはWindows 2-in-1と比べて何が優れているのか
 スレートタイプのボディとそこに接続するキーボードユニットが標準で付属することで、タブレットとしてもクラムシェルデバイスとしても使える「2-in-1」デバイスは、Windows搭載ノートPCでは、すでに何年も前からモバイル利用を重視するユーザーにおいて主流になってい...(2016/1/14 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【基礎から学ぶ!】RF/通信の基本
 今日、様々なシステムやアプリケーションにおいて、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テスト・計測アプリケーションを使いこなすには、RF/通信の基本的な知識が必要である。この技術資料は、アナログ/デジタル変調、I/Qデータ、RF/マイクロ波仕様...(2015/7/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
スマートグラスと相性がよいAR技術、産業用途へシフトか?
 AR(Augmented Reality:拡張現実)・VR(Virtual Reality:仮想現実)は、決して目新しい技術ではない。だが、ここ数年でAR・VRへの関心が高まっている。背景にあるのは、スマートグラスの台頭だ。 クアルコムジャパン ビジネスデベロップメント マネジャーのシェン・...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
iOSとAndroid向けアプリを同時リリース、開発工数を30%削減できた理由に迫る
 セイコーエプソンは、ゴルフスイング解析とパッティング解析に対応したモバイルアプリの開発効率に課題を抱えていた。ゴルフ愛好者の利用率が高いiOSにまず対応し、数カ月後追いでAndroidにも対応するという、開発作業の効率の悪さに悩んでいたのである。 また、マーケ...(2016/1/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
急速に発展するワイヤレス給電市場とその技術動向
 ワイヤレス給電技術については、電磁誘導(MI:Magnetic Induction)方式と磁気共鳴(MR:Magnetic Resonance)方式の2つの標準化が進められています。いずれもコンパクトに実装でき、コストを抑えられることから、民生機器市場におけるワイヤレス給電の主要な方式とな...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
異常発見の手ががりは熱分布から
 異常と発熱は密接な関係にある。回路基板の密集化が進み個々の熱による影響はより大きくなっている。実装後の基板の温度分布から、熱源を見つけ出す、また温度変化をモニタしていくことで、問題の原因箇所を迅速に特定することができる。この温度分布評価にサーモグラフ...(2015/10/7 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

事例
猛威を振るったハリケーンに耐えた企業が示した「災害耐性を高める」5つの教訓
 大規模な災害はもちろん、小規模のものであってもシステムがダウンする危険性は十分にある。数センチの浸水により、電源システムが機能しなくなったり、通信回線が不通になったり、広域の停電が発生するなど、ケースはさまざまだ。大事なポイントは、システムの破壊もし...(2015/11/17 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
高級車メーカーがなぜ車載情報機器の開発に注力するのか
 2013年5月28〜29日に東京都内で開催された、「Automotive Linux Summit Spring 2013」(主催:The Linux Foundation)。同イベントでは、車載情報機器への採用が広がりつつあるLinuxや、それと関連する開発プロジェクトの最新情報が紹介された。 本稿では、ジャガーラン...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
モノのインターネットを支える技術とその可能性
 やがて、コーヒーカップにもネットワークアドレスが割り当てられる日が来るかもしれない――。 各種センサー端末から情報家電、白物家電、インフラ監視機器など、あらゆるモノに通信機能を組み込んでネットワーク化する、いわゆる“モノのインターネット”は、この地球...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
限界が見えてきたRAIDによるデータ保護、これに替わる「イレージャーコーディング」のメリットとは?
 企業の保有するデータ量が爆発的に増加していることは、多くのユーザーが承知している事実だろう。データのビジネス活用は、IoT活用の進展をはじめ急速に進んでいる。こうした状況で問題となるのは、大規模に蓄積されたシステム内のデータをいかに保護するかということ...(2015/9/14 提供:スキャリティ・ジャパン株式会社)

Loading