TechTargetジャパン

技術文書
IoTアプリケーションに最適な Bluetooth Low Energyの 使用例
Bluetooth Low Energy技術の仕組みと、IoTデバイスをインターネット・ベースのサービスやアプリケーションに接続するためにこの技術を使用する方法について説明する。(2015/1/23 提供:ユーブロックスジャパン株式会社)

レポート
IoTではZigBeeよりもBluetooth? 注目技術が勢ぞろい
 2014年4月8日〜9日に米国カリフォルニア州サンノゼにおいて、Bluetooth SIG主催のカンファレンス「Bluetooth World」が開催された。会場を見て回ると、モノのインターネット(IoT)分野ではBluetoothがZigBee(IEEE 802.15.4)などよりも広く採用されているという印象を...(2014/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
【製品開発インタビュー】カシオが考えるスマートウオッチ「STB-1000」
 「G-SHOCK(ジーショック)」「PROTREK(プロトレック)」「OCEANUS(オシアナス)」などの腕時計ブランドを有するカシオは、Bluetooth 4.0 で追加された低消費電力通信規格「Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)」に対応する“世界初”の腕時計として、G-SHOCK「GB-6...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年5月号をご紹介。 特集記事では、2014...(2016/7/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Bluetooth 4.2 セキュリティとプライバシー保護の機能を強化
 さまざまなモノがインターネットにつながる中、自分の行動が簡単に追跡されてしまうという、プライバシーに対する懸念も高まっている。Bluetooth 4.2では、セキュリティとプライバシー保護の機能が強化された。今回は、「LEプライバシー」と呼ばれる仕組みを紹介しよう...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

事例
IoTに「簡単に使える」、最新のBluetooth Low Energy技術。IoT対応モジュールとは?
IoT(Internet of Things) 機器の元年と言われている、2014年。このIoT機器開発キットのコア技術として、TDK社のSESUB-PAN-T2541を使いアンテナ付超小型 Bluetooth Low Energy(BLE)として技適対応のBluetooth Low Energyモジュール「TBUS-01」を開発。ANCS プロファイル...(2014/9/19 提供:株式会社テレパワー)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス
 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ 多くのウェアラブルデバイスに採用されているBluetooth Low Energyには、プライバシー保護の面で問題があるという。■導...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT機器開発の低消費電力化に不可欠! 2つの「電流変動測定」ツール
 IoTデバイス普及の鍵は「消費電力の低減」である。消費電力を抑えることができれば、小型化や低コスト化といった要件もクリアしやすくなる。  その鍵を握るキーワードが、「電流変動測定」だ。現状の解析ソリューションでは、ダイナミックレンジの制限や大きな測定ノイ...(2016/10/24 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
ビーコンで現場の無駄を発見、ヒト・モノの位置と動線を「見える化」する効果
 工場や倉庫などで動き回るヒトやモノ。その動きには少なからず無駄があり、効率化できれば業績の改善が期待できる。これまでは、その無駄の把握が困難だったが、近年のIoT技術の発達により生産現場の効率化の可能性は大きく開けた。 例えばBLE(Bluetooth Low Energy)...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

レポート
9.7型「iPad Pro」はこれまでのiPadとココが違う
 米Appleは2016年3月21日(現地時間)、9.7型のディスプレイを備えた「iPad Pro」を発表した。3月24日に予約を開始し、3月31日に発売した。 12.9型タブレット「iPad Pro」と同様に、筆圧や傾きを検知する「Apple Pencil」や、外付けキーボードの「Smart Keyboard」が利...(2017/2/27 提供:KDDI株式会社)

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「LPWA(Low Power Wide Area)」
 IoT(Internet of Things)を実現するためには、モノをインターネットに接続する必要があります。PCであればIEEE 802.11a/b/g、スマートフォンでいえばLTEなどが接続技術としては一般的ですが、これらは高速な通信を可能とするかわりに多くの電力を消費し、そのコストも...(2017/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「VR機器」7製品を徹底比較、ビジネス利用で選ぶべき製品は?
 ヘッドマウントディスプレイを利用して、実際に映像の世界に入り込んだような体験ができるバーチャルリアリティー(VR)技術。SAMSUNGやHTC、SONY、Googleなど各社が、一般向けVR製品を発売するようになり、VR市場は一気に活発化している。 PCやゲーム機向けの有線型だ...(2017/3/28 提供:MXモバイリング株式会社)

レポート
Android 7.0 vs. iOS 10×iPad、企業IT部門が喜ぶモバイルデバイスはどちらだ?
これまで、多くの企業IT担当者にとって、Android端末はセキュリティリスクの高さ故に導入には慎重にならざるを得なかった。しかし、Googleが2016年8月に配信を始めた第7世代の「Android 7.0 Nougat」では、IT管理において役に立つ機能を強化した。脆弱(ぜいじゃく)な部...(2017/3/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「Surface Pro 4」が教育現場で選ばれる3つの理由
 タブレットとしてもキーボード付きノートPCとしても活用できる2 in 1デバイス「Surface Pro 4」。タッチ&ペンでの優れた操作性、デジタルノートの搭載など、1つ上の使いやすさが特徴だ。そのSurface Pro 4はビジネスの現場だけでなく、教育現場でも導入が進んでいると...(2017/3/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
半導体テストシステムによるコスト削減事例、特性評価と製造テストの手法解説
半導体デバイスの性能が向上するに従い、ATEシステムが陳腐化するまでの期間は短くなり、すぐに能力の限界に達してしまう。このことがテストコストの高騰を招く大きな要因になっている。目まぐるしく変化する環境下で、高まり続ける性能要件に対応可能なテストシステムが...(2017/2/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
IoTセキュリティ専門家はどこにいる? マルウェア急増でも開発は止められない
 2016年に発生したマルウェア「Mirai」による大規模なDDoS攻撃は、グローバルな規模でIoTデバイスを悪用した攻撃が既に実行可能であることを明らかにした。しかし、自動車や医療機器のような安全性が求められる分野でさえ、もはやIoTデバイスは欠かせないものとなってい...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

技術文書
【基礎から学ぶ!】RF/通信の基本
 あらゆるものが繋がるIoT時代の到来とともに、複雑化と高度化が加速するワイヤレス技術において、RF/通信の基本的な知識を身につけることは必要不可欠となります。様々なシステムやアプリケーションにおいて、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テス...(2016/7/25 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ
 Computer Weekly日本語版 2月22日号は、以下の記事で構成されています。■本当にPCは必要なのか? CIOはクライアント機器を再検討すべし■DNS関連のセキュリティリスクトップ3とその対策■悪質なWebスクレイパーからWebサイトを守る方法■MongoDB導入で航空券発行サー...(2017/2/22 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
IoTエバンジェリストが最新情報を1冊にまとめた決定版資料!これを見ればIoTの今がわかる!
本資料は、多くのIoTシステムに関してアドバイスをしてきたNIのコンサルタントが、現場で得てきたノウハウを基に、IoTの代表的な活用法である「予知保全」の動向やセンサ計測や計測後の課題、異業種との協力体制の必要性など、多角的な視点でIoT実現に必要なポイントを一...(2017/2/20 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
デバイス多様化時代の4大課題を解決――アプリ仮想化とVDIがベストな理由
 デジタル化の進んだ今日のビジネスでは、従業員は常にさまざまなデバイスを利用して業務を行う。しかし、従業員が毎日平均2.9台のデバイスを持ち運ぶといわれるようになった一方で、「10台のうち1台のノートPCが紛失または盗難にあっている」という報告もある。 もし...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
製造現場での音声認識導入を失敗させる2つの原因と対応策
 近年、製造現場でも音声認識技術の活用事例が増えている。ハンズフリーで効率化を図れる音声認識技術に対するニーズは根強く、ここ数年の事例を見ると音声認識の文化が形成されてきたといえる状況にある。具体的には部品の出入庫やピッキング、製品検査、作業ナビゲーシ...(2017/1/6 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みエンジニア「転職に前向き」が7割超える、新天地には「やりがい」「人間関係」求める声
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」は2016年11月、組み込みエンジニアのキャリアに関するアンケート調査を実施した。 転職については約6割がその経験を持ち、複数回の転職経験を持つもエンジニアも3割を超える。また転職への意向について多数を占...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月5日号:ビッグデータでよみがえるレンブラント
 Computer Weekly日本語版 10月5日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが発見「暗号化データを復号せずに操作する方法」■深刻な脆弱性まみれの大手メーカー自動車、Wi-Fi経由で乗っ取られる恐れ■2016年第2四半期のスマートフォン市場停滞の原因は「iPhon...(2016/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Skype for Business Cloud Connector Edition
 Skype for Business Cloud Connectorエディションにおいて、クラウドPBXサービスで、オンプレミスのPSTN(電話網)との接続が可能となる環境構築サービスです。 『50名からのスタートサービス』として、50名の少人数からのクラウドPBX利用環境を提供します。 CCEサー...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2016/10/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クロノグラフがスマホとつながる意義――カシオ開発者インタビュー
 海外と国内を行き来し、海外の時間を意識しながら働く方が増えたグローバル時代に適したアナログウォッチの開発をカシオが進めている。Apple Watchの発売などもあり、「スマートフォンとつながる時計」の注目度が上がっているが、カシオのアプローチはある意味、Appleと...(2016/9/15 提供:KDDI株式会社)

Loading