TechTargetジャパン

技術文書
データセンターのLinux導入でコスト削減推進
 データセンターへのLinux導入によるコスト削減に関心を寄せるIT担当者は多い。だが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを無料のソフトウェアに委ねることに懸念をいだく企業もあるのが現状だ。 本項では、シマンテックのLinuxソリューションの導入事例を、課題...(2013/12/19 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
万が一のシステム停止に備える、復旧能力の検証テスト「3つのアプローチ」
 災害による被害でITシステムが停止して事業継続が困難となったとき、多くの企業がフェイルオーバーによる災害復旧戦略を準備している。大企業の50%は、2017年までに複数のデータセンターや複数のサイト間でのITサービスのフェイルオーバーを使用するという調査結果もあ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
コスパ重視のオールフラッシュストレージ選び、低予算でも手に入る10のメリット
 これまで高性能で高価格というイメージを持たれていたフラッシュストレージだが、ここ数年で低価格化が大きく進み、コストパフォーマンスの面でもHDDに対して優位性を発揮するようになってきた。それに伴い、エントリークラスからミドルクラスのオールフラッシュ製品の...(2016/7/12 提供:EMCジャパン株式会社)

Webキャスト
データベースはもう止めない、本当の無停止型データベースとは?
 ニューヨーク証券取引所やユナイテッド航空など著名で多くのユーザーを抱えるサービスが、トラブルにより停止する事件が頻発している。背景には、ネット接続デバイスやデジタルデータの増大、仮想化やクラウド化でシステム集約が進むことによるアクセスの一極集中がある...(2015/11/17 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
 サーバ仮想化のメリットは一言では説明できない。さまざまなメリットがあり、どのメリットを重視するかはシステムによっても異なる。あるシステムではコストが重要視され、あるシステムでは冗長性が最も重要視される。ここでは、3つの観点でサーバ仮想化のメリットを解...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
ラボ検証で分かった、ハイブリッドアレイの高パフォーマンス
 HDDに代わる次世代ストレージとして導入が進むフラッシュストレージ。導入に際しては、さまざまな製品を分析し、自社のシステムに最適な性能、コスト優位性をもったソリューションを選ぶ必要がある。 本資料は、ネットワークおよびストレージソリューションのテストや...(2015/4/3 提供:ネットアップ株式会社)

事例
東日本大震災時の災害対策でも実証された仮想化技術の導入効果
 電子・電気機器、自動車など、工業製品の品質、安全性を検証する第三者検査機関として、グローバルなビジネスを展開するテュフ ラインランド グループ。その日本法人であるテュフ ラインランド ジャパンは、2001年から仮想化技術を導入し、現在は約9割のアプリケーショ...(2013/8/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

講演資料
災害時の確実な事業継続のためのレプリケーション&フェイルオーバーソフト
 シーティーシー・エスピーが販売する「Double-Take Availability」と「Double-Take RecoverNow」は、販売開始以来、国内で豊富な導入実績を誇るレプリケーション&フェイルオーバーソフトである。  「Double-Take Availability」は、物理・仮想環境を問わず、運用サー...(2013/3/27 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
急増するデータが招く可用性低下、「5つの課題」を解消する方法とは?
 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まって...(2016/6/20 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

技術文書
SDN(Software Defined Network)製品導入戦略ガイド
 SDN(Software Defined Network:ソフトウェア定義ネットワーク)は、スイッチの作業の大部分を抽象化されたソフトウェアレイヤーに移行させる機能を提供する。ネットワークハードウェア市場を一変させ、ネットワークの自動化によって幅広いワークロードへの対応が強化...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

事例
ライオンのストレージ基盤見直し術 多重バッチ処理時間50%削減への道のり
 パーソナルケア用品大手のライオンは、30年以上使い続けてきたメインフレーム上の受注、在庫引き当て、出荷情報を処理する基幹業務システムのホストマイグレーションを完了。基幹システムの処理性能が向上する一方で、ストレージシステムの性能限界による日次・週次のバ...(2016/6/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
もう見過ごせない自社開発アプリのサイロ化 クラウド化への最短ルートは?
 あらゆる分野でクラウドへの移行が進んでいるが、いまだに多くの企業がレガシー・プラットフォームを手放せずにいる。その最大の理由が、自社開発したアプリケーション群の存在だ。これらは多くの場合、各部門内にサイロ化した状態で存在し、エンド ツーエンドのビジネ...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
ITの柔軟性とコスト削減をスピーディーに実現、ベストプラクティスに基づいた仮想化ソリューションとは
 ITサービスの柔軟性とコスト削減は、どの企業も抱える喫緊の課題である。しかし、従来のITサービス提供モデルでは、さまざまなコンポーネントの調達から設計、検証、構築などの複雑なプロセスが必要で、アーキテクチャのライフサイクルに及ぶこうした要因は複雑さを増大...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
業務継続性の10の落とし穴、システム停止時間を最小化するための指針とは?
 最新のHA(High Availability)技術は、アプリケーションとデータの変更を遠隔地のサイトに、継続的に転送し続ける。地震、停電、ソフトウェアのインストール不具合など災害や障害が発生すると、遠隔地のシステムに自動的に、瞬時にフェイルオーバーする。 従来、HA技...(2015/7/31 提供:Arcserve Japan合同会社)

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
従来のファイルバックアップより10倍高速に、簡単かつ柔軟なリカバリ運用
 システム障害発生時に起こる業務の混乱や中断を回避するポイントは「どの時点に回復するか」、そして「どれだけの時間で回復するか」を明確にすることだ。ここで注目されるイメージバックアップは、ディスクのセクタイメージをそのままバックアップファイルに書き込む。(2016/1/6 提供:ストレージクラフト テクノロジー合同会社)

技術文書
パブリックとプライベートのクラウド混在でも、ネットワークの安全と効率とコストを確保する
 WANのコストは、常に企業のネットワーク関連予算を圧迫している。また利用できる帯域も圧迫され、アプリケーションパフォーマンス低下の懸念が収束することはない。この状況に対し、「SD-WAN」(ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク)によるネットワーク利用の最...(2016/2/4 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
競争力を生み出すカスタムアプリケーションの構築時間を根本的に削減する「aPaaS」という考え方
 クラウドベースのプラットフォームで実行しているソフトウェアをベンダーがレンタルするSaaSは、さまざまな企業が利用している。しかし、企業の全ての業務や顧客に提供するサービスをSaaSでまかなうことはできない。 クラウドの活用が当たり前という時代に入り、多様な...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用。失敗しないための「鍵」とは?
 今まで対象にならなかった、見えない巨大なデータを高度に分析。新たな知見や価値を生み出し、経営判断や業務改善、ビジネス戦略に役立てる「ビッグデータの活用」に取り組む企業は増加の一途。 例えば、ログなどの刻一刻と変化するデータの可視化を始め、顧客の生の「...(2015/12/24 提供:日本電気株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

事例
サーバの月次処理レスポンスを改善――集中する受注処理のサーバ負荷解消策
 コンビニ向けの弁当や総菜を製造するトオカツフーズ。毎月月末には全国のコンビニから受注情報が集まり、その処理の集中からサーバのレスポンス低下が発生していた。また、従来のシステムではダウン時の復旧に1日程度かかっていたことも、コンビニ向けに止められない業...(2015/11/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
もはや想定外ではすまされない震災対策、低価格で実現できるハイブリッドクラウドを用いた解決策とは
 世界の巨大地震の20%が発生するといわれる日本でビジネスを展開する際、特にITの震災対策は大きな課題だ。企業はディザスタリカバリ(DR)環境を構築してデータを保護し、万が一、災害が起きた場合にも業務を継続する環境を用意しておく必要がある。 本ホワイトペーパ...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
ファイルサーバの整理効果は年間3600万円? SDSでファイルサーバを健全化する
 企業が扱うデータ量は日々増えており、データを格納するファイルサーバの管理に悩む担当者は多い。サーバの増設を繰り返した結果、どこに何があるのか分からなくなったり、アクセス管理の制御すら徹底できていないケースも多い。 本ホワイトペーパーでは、こうした課題...(2015/10/30 提供:SCSK株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

技術文書
やっぱりIAMはオンプレミスが安心? クラウドベースIAMへの“誤解”に答えます
 クラウド型のIAM(Identity and Access Management)ソリューションに対して、情報漏えいの懸念を持つユーザーは少なからず存在する。クラウド型IAMを利用することでActive Directory内に保存されているアカウント情報などを企業ネットワーク外に公開してしまい、それに...(2015/9/3 提供:サイバネットシステム株式会社)

レポート
データ保護の唯一の手段、「バックアップ」に戦略が必要な3つの理由
 事業の中断を引き起こすような災害などが発生した場合、企業は早期に復旧を図り事業を再開・継続する必要がある。そのためには、情報システムの停止状態の回避、停止した情報システムを復旧するための計画が必要だ。しかし、多くの中堅・中小企業では、障害復旧計画の策...(2015/8/24 提供:アクロニス・ジャパン株式会社)

技術文書
知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”
 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用...(2015/8/3 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading