TechTargetジャパン

技術文書
データセンターのLinux導入でコスト削減推進
 データセンターへのLinux導入によるコスト削減に関心を寄せるIT担当者は多い。だが、ビジネスクリティカルなアプリケーションを無料のソフトウェアに委ねることに懸念をいだく企業もあるのが現状だ。 本項では、シマンテックのLinuxソリューションの導入事例を、課題...(2013/12/19 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
万が一のシステム停止に備える、復旧能力の検証テスト「3つのアプローチ」
 災害による被害でITシステムが停止して事業継続が困難となったとき、多くの企業がフェイルオーバーによる災害復旧戦略を準備している。大企業の50%は、2017年までに複数のデータセンターや複数のサイト間でのITサービスのフェイルオーバーを使用するという調査結果もあ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法
 各自治体における戸籍関連業務を支えるサーバの構築・運用管理を担当しているのがリコージャパンだ。戸籍データそのものは毎日法務省に伝送され安全に保管されているが、自治体単位のサーバやデータはおのおので管理しているため、もし障害が発生しシステムが停止すると...(2017/6/1 提供:株式会社ネットジャパン)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウド環境でもSAP HANAやOracle Databaseの性能を引き出す方法
 ICTの予算を戦略的な投資に集中するため、「基幹業務システムの運用や定期的なリプレースに費やすコストを効率化したい」という思いはどの企業にも共通するものだろう。そのため利用が拡大してきたクラウドだが、「SAP HANA」や「Oracle Database」のようにクラウドでは...(2017/4/18 提供:富士通株式会社)

レポート
「データ活用度と企業力は比例する」という事実:データ分析が生み出す利益とは
 データ分析などデータ活用がビジネスに与える変化に関心を持つ企業が増えているが、具体的にどのような価値として効果が表れるかについてはさまざまな議論が存在する。 そこで、本レポートではデータがビジネスパフォーマンスに与える影響の定量化を試みた。データ/分...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説
 HDDの100倍以上のIOPS、フラッシュコントローラーレベルの機能向上による高信頼性、ペタバイトレベルまで対応する拡張性、4年間ならHDDよりTCO削減が可能など、さまざまな導入メリットを持つオールフラッシュストレージ。 数年前までは「オールフラッシュ=高額」と認...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

技術文書
知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”
 多くのストレージ担当者が、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムのトレンドを支持している。用途に合わせた構成済みのシステムを使うことで、仮想マシンのための複雑なストレージの導入作業が楽になる。これによって企業は最適なパフォーマンスや、運用...(2017/2/2 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
MySQLとOracle ClusterwareのHA構成、従来環境との違いや構築手順を徹底検証
 MySQLは、世界中で多くのユーザーを持つデータベース管理システム(DBMS)だ。国内では、基幹システムなどでも広く利用されているが、従来は高い可用性が求められるシステムでの利用には、クラスタソフトなどを組み合わせる必要があった。 そのため、障害発生時にはMyS...(2016/8/3 提供:SCSK株式会社)

製品資料
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」
 中堅・中小企業における事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への意識が高まり、業務データのバックアップ環境の整備が急速に進んでいる。しかし、その運用で大きな課題に直面するケースも多数見られる。中でも深刻なのが、ダウンタイムと安定性の問題だ。 ESGの調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

レポート
企業がSSDに熱視線を送る理由――理解しておきたいメモリ技術のポイント
 近年、フラッシュストレージ技術を利用するさまざまなデバイスが登場している。OSでも、重要な業務データでも、サーバに入っているものなら何でも、フラッシュメモリを使うことで遅延時間は少なくなるだろう。 ただしSSDの購入を検討する際には、さまざまなフォームフ...(2017/2/9 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
徹底検証:データセンター向けサービスゲートウェイの「稼働中の拡張能力」は?
 データセンターにおける統合型のセキュリティ基盤として導入が進むサービスゲートウェイ。その最大の特徴は、サービスの稼働中にもさまざまな拡張を行えることにある。それでは、その効果は実際にどれほどのものなのだろうか。 本コンテンツでは、データセンター向けサ...(2016/11/18 提供:マクニカネットワークス株式会社)

比較資料
比較調査で見極める、大規模なワークロード環境に適したストレージ製品
 次世代データセンターに求められる要件は多い。拡張性や入出力性能はもちろん、運用性やデータ保護など、検討項目は細分化され、どのようなソリューションを採用すればよいのか悩ましい。 具体的な検討をしやすくするため、「即応性」「スケーラビリティ」「保証」「オ...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
比較検証で分かった、次世代データセンター構築に適したストレージ製品
 大規模なクラウド環境を得るため、ダイナミックなスケールアップ・スケールアウトのできるオールフラッシュがストレージの本命とされている。そこにはさまざまな要件が関わり、どのような条件で選定を進めるか悩むところだ。 そこで本コンテンツでは、代表的なストレー...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法
 Amazon Web Services(AWS)でシステムの可用性を高める方法として、データベースにAmazon RDSを利用したり、Amazon EC2のリカバリー機能を利用したりするユーザーは多い。しかし、バージョンによる制約を受けるケースや、アプリケーション障害に対してユーザー自身で対...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
巧妙な攻撃を防ぎ、データセンターの次世代セキュリティを導入するためのガイドライン
 現在の進化したデータセンターでは、物理および仮想のコンピューティング、ネットワーク、およびストレージコンポーネントが使用されている。どのようなデータセンタートポロジーを使用しているかにかかわらず、一般的なアプリケーションを使用してデータを抜き取る攻撃...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
プライベートクラウド選定、失敗しないための製品要件と活用法を整理する
 今日、多くの企業がクラウドのビジネス価値を認め、導入に積極的だ。IBMが2013年に行った調査では、クラウド導入を先行している企業は、そうでない企業に比べて1.9倍の増収と2.4倍の粗利益を達成している。そして、先行企業が組織横断的なクラウド戦略を持つ割合は、そ...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
2大オールフラッシュ徹底比較:大規模な混在ワークロード環境に適した製品は?
 オールフラッシュストレージを導入検討する際の製品評価は、アプリケーションの要件に基づいて行うことを推奨したい。そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュストレージ「Pure Storage FlashArray」と「NetApp SolidFire」のアーキテクチャ要素を比較し、それぞれ...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

比較資料
2大フラッシュストレージ徹底比較:IaaS導入環境に適した製品はどっちだ?
 さまざまなベンダーが提供するオールフラッシュストレージ。しかし、次世代データセンター対応アプリケーションが必要とする拡張性や即応性、運用の自動化、パフォーマンス保証に対応できる製品選びは非常に難しい。 そこで本コンテンツでは、2大オールフラッシュスト...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

レポート
ダウンタイムのないプラットフォームへ移行する4つのステップ
 常にスイッチオンの状態でITサービスを提供するという発想から「Always-On」という言葉が使われるようになった。これが実現することで、顧客に対するサービスの収益が最大化され、組織内では常に最新のアプリケーションがユーザーに提供され、グローバルでのコミュニケ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク
 BCP(事業継続計画)の検証に役立つモデルとして、最近注目されているのが「レジリエンシーフレームワーク」だ。レジリエンシーは、自然災害や破壊的なセキュリティ侵害に遭った後、組織が素早く元の状態に戻る能力のことを指すが、広義のレジリエンシーフレームワーク...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ECアプリの優先順位付けで顧客転換率を向上、Webサービス基盤構築に必要な条件
 Webサービスが競争力の源泉となっている企業にとって、パッケージソフトやSaaSなど“既成品”を利用して新規サービスを展開することは、将来的にスピードや柔軟性の面で機能の制約を設けることにつながる。サービスを他社に先駆けて提供するためには、その開発力でしの...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?
 現在、ほとんどの企業が最優先で守るべきビジネス基盤として、データベースの存在を意識している。ITシステムの中核をなすデータベースの停止は、事業の継続を困難なものとするため、これまでにも多くの企業がBCP(事業継続計画)対策に取り組んできた。 しかし、企業...(2016/6/2 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading