2021年08月25日 05時00分 公開
特集/連載

Azureのネットワークサービス「Traffic Manager」「Azure ExpressRoute」「Private Link」「Network Watcher」とは「Microsoft Azure」のネットワークサービス11選【後編】

「Microsoft Azure」のネットワークサービスのうち、「Traffic Manager」「Azure ExpressRoute」「Private Link」「Network Watcher」の4サービスはどのような特徴があるのか。適した用途とは。簡潔に説明する。

[Kathleen Casey,TechTarget]

 ユーザー企業はMicrosoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」を使うときに、Azureがそろえる複数のネットワークサービスを用いてデータ転送の負荷を軽減したり、インターネットを使わない閉域網でオンプレミスインフラとAzureインフラを接続したりすることができる。中編「『VPN Gateway』『Azure DNS』とは? Azure2大CDN『Azure CDN』と『Azure Front Door』の違いは?」に続き、Azureの主要なネットワークサービスを説明する。

Traffic Manager

 管理者は「Traffic Manager」を使うと、エンドユーザーのデバイスから仮想マシン(VM)などのサーバへのアクセスを分散させることができる。これによりネットワークの可用性を向上させ、ダウンタイム(停止・中断時間)の発生を防止できるようになる。Traffic ManagerはDNSベースのルーティング(以下、DNSルーティング)により、負荷分散を実現する。以下の6種類のDNSルーティング方法を利用して、エンドユーザーのデバイスからのアクセスを最適なサーバに誘導できる。インフラの継続的な監視や自動フェイルオーバー(切り替え)も可能だ。

  • データ転送先の優先順位を指定する「優先順位ルーティング」
  • 最もデータ転送が速いインフラを指定する「パフォーマンスルーティング」
  • 任意のAzureデータセンターを指定する「地理的ルーティング」
  • データ量に基づいて転送先を指定する「重み付けルーティング」
  • データ転送先のIPアドレスの範囲を指定する「サブネットルーティング」
  • 複数の転送先にデータを転送する「複数値ルーティング」

 Traffic Managerはオンプレミスインフラを保有し、クラウドサービスへのバースト(オンプレミスインフラからの一時的な切り替え)やクラウドサービスへの移行、フェイルオーバーを計画するユーザー企業に人気がある。

Azure ExpressRoute

 「Azure ExpressRoute」を利用すると、サードパーティーのインターネットサービスプロバイダー(ISP)が提供するネットワークサービス経由で、企業のオンプレミスインフラとAzureインフラ間を閉域網接続できる。インターネットより低遅延で信頼性の高い接続を可能にする。Azure ExpressRouteを提供するISPには、ComcastやAT&T、Equinixなどが名を連ねている。

Private Link

 IT部門は「Private Link」を利用することで、特定の仮想ネットワーク内に存在するデバイス(プライベートエンドポイント)経由で、仮想ネットワーク外のさまざまなAzureサービス、自社がAzureにホストしているシステム、Microsoftパートナーのサービスにアクセスできる。Azureインフラでデータ転送を実行するため、Azure ExpressRouteや仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスなどを利用する必要がない。オンプレミスのネットワーク内にあるデバイスからでも、プライベートエンドポイントと接続するAzureインフラにアクセスできるようになる。

Network Watcher

 「Network Watcher」はAzureネットワークサービスをまとめて監視するためのサービスだ。Azureの仮想ネットワーク内にあるネットワークリソース(仮想ネットワークやロードバランサーなど)の監視や問題の診断、ネットワークリソース数の表示、ログの分析など多様なツール群をそろえる。Azureはサービスごとに標準の監視機能を提供している。Network Watcherは、Azure VMやAzure仮想ネットワークなど、Azureリソースで構成されたネットワークをより包括的に監視しやすくしている点が特徴だ。企業はリソースの使用状況だけでなく、リソース間の接続状況を確認することもできる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。