TechTargetジャパン

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
ARMマイコン採用で開発現場が変わる!素早く環境を移行するポイント解説
スマートフォンやタブレット等モバイル機器用のプロセッサだと思っていたのに、超低価格コントローラや小さなセンサーからサーバーにまで採用され、私たちはいつの間にかARMに囲まれた生活をしています。今後予想されるIoT(モノのインターネット)の時代に、ネットワーク...(2017/3/6 提供:株式会社DTSインサイト)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
孫正義が3兆円で買収した「ARM」、その強さの源泉と未来予想図
 2016年夏にソフトバンクが3兆円で買収したARM。「ARMはソフトバンクグループの中核中の中核になる」「シンギュラリティ(技術的特異点)を達成するために必要だった」とまでほれ込まれた企業であり、ARMが扱う「CPUの設計図」である「ARMコア」はスマートフォンに限らず...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法
 昨今のようにデータの量と複雑さが増大し続ける状況では、信頼できるデータ基盤がなければ、日々の意思決定を的確に行うことも、アナリティクスやレポートからビジネス状況を正確に把握することも難しくなる。しかし、スプレッドシート、電子メール、レポート、顧客情報...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/5/23 提供:日本電気株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みAI実行環境としての半導体、日の丸半導体の持ち札は
これまでなかなか収益の安定を果たすことができなかった“日の丸半導体”ルネサス エレクトロニクスが好転の兆しを見せている。2017年度第1四半期の売り上げは好調であり、インターシル買収に伴う大規模な組織再編も行うなど攻めの姿勢を見せている。5年ぶりに開催された...(2017/5/15 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
これからのクルマ開発はどうなる??― 電圧混合電装システムと新素材を使ったワイヤハーネスの評価
クルマに搭載される電装システムのアーキテクチャは、急速に変化している。EV/HEVの増加に伴って、混合型の電圧システムの導入が広がっているのだ。また、少しでもコストを抑えるため、銅線に代わる有望な導体としてアルミニウム電線に注目が集まっている。これに伴い、混...(2017/4/27 提供:メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社)

技術文書
Arduinoで電子工作をはじめよう!全12回連載まとめ
 「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」の全連載12回をまとめ読み!【目次】 (1) お手軽モノづくり体験 ――「あったらいいな」をArduinoでカタチにしてみよう! (2) 親子で楽しむ夏休み自由研究 ――2つのLEDで「アニメシアター」を作ろう! (3) 厳しい残暑を「熱中...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
テスト部門を「単なるコストセンター」から、組織に不可欠な戦略的資産としての転換を図るには?
 戦略的なテストシステムを構築することが、市場競争力を高めることにつながるのか?本資料では、その回答として、テスト部門をコストセンターから戦略的資産という重要な位置付けに高め、テスト部門の設備投資などを総所有コスト(TCO)で判断することが重要性について...(2017/3/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2017/2/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2016/12/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IoT化に対応する「次世代産業用コントローラ」がスマート工場の「足回り」に
  IoTやインダストリー4.0の推進により、全世界的にスマートファクトリー化の動きが加速している。しかし、多くの工場や生産設備では、そもそもネットワーク接続されていないケースも多く、情報システムへの接続までに 複数段の階層があり、データ連携が複雑な状況も生...(2016/12/14 提供:株式会社 日立産業制御ソリューションズ)

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
ROS(Robot Operating System)の概要と開始までの手順
 ハードウェアとしてのロボットを開発する際、完全なフルスクラッチで「判断」「制御」「駆動」を実装するとなると大変な労力が必要となるが、その負担を軽減してくれるフレームワークが「ROS」(Robot Operating System)である。 ROSはオープンソースとして公開されて...(2016/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoTシステム構築の初歩から事例まで!「CONPROSYS」とは?
 単なるリモートIO/遠隔監視に留まらず、あらゆるモノから得られる情報を活用・分析することで、新たなサービス・製品競争力を提供することが求められている。 本資料では、M2M/IoTの初歩から市場動向も含めて紹介し、その市場に向けたM2M/IoTソリューションを簡単に構...(2016/10/3 提供:株式会社コンテック)

講演資料
ストリームコンピューティングが示す新しいデータ分析の世界
 今日、情報ソースの多様化により、断続的に流入するデータの量は増加の一途をたどっている。従来のデータ分析は、大量のデータをストレージに全て保存して分析するのが主流だった。静的な過去のデータを分析し、過去の事実を発見するのが目的だ。これに対し、流入するデ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
iOSとAndroid向けアプリを同時リリース、開発工数を30%削減できた理由に迫る
 セイコーエプソンは、ゴルフスイング解析とパッティング解析に対応したモバイルアプリの開発効率に課題を抱えていた。ゴルフ愛好者の利用率が高いiOSにまず対応し、数カ月後追いでAndroidにも対応するという、開発作業の効率の悪さに悩んでいたのである。 また、マーケ...(2016/1/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
自動車大手7社の成功事例−ECUテスト時間を1/20に短縮した事例も
 現代の自動車産業では、利用者の利便性が高まる一方、機構部品と電子部品が複雑に絡み合いシステムの複雑化は爆発的に拡大している。 多くの企業では、開発が進むにつれてテスト要件も複雑化し、さらなる安全性への要求、市場投入までの時間短縮に加えコスト削減を求め...(2016/9/7 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年1月号をご紹介。 特集記事では、限界...(2016/7/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
最大のボトルネックは改善のチャンス、テスト自動化成功の秘訣は?
 Webアプリ開発のライフサイクルが高速化し、迅速な開発、工数削減、コスト削減、品質向上などがより一層求められるようになった。考えられる対策は幾つもあるが、重要な解決策の一つがテスト自動化の推進である。なぜならば、テスト工程はソフトウェア開発において約46...(2016/4/22 提供:マイクロフォーカス株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
効果的なアプリケーションライフサイクル管理(ALM)のための5大原則
 今日のシステムとアプリケーションは相互に接続されており、ビルド、検証、管理に手間が掛かる。特にソフトウェア開発の場合は、開発チームが世界中に分散し、プラットフォームが統一されていないことが多く、問題はさらに複雑だ。 ソフトウェアデリバリーを迅速化する...(2015/1/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading