「Power Apps」で注意すべき“あの制限”とは? 導入前に検討したいポイント「Microsoft Power Apps」利用時の10大注意点【後編】

導入を検討する前に「Microsoft Power Apps」の制限事項を確認しておくことは重要だ。開発環境やデータのやりとりの上限などに関する6つの注意点を紹介する。

2022年01月13日 05時00分 公開
[Jonathan BordoliTechTarget]

 「Microsoft Power Apps」は、ノーコード/ローコード(ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみ)のツール群「Microsoft Power Platform」の構成要素だ。中編「『Power Apps』の意外な“落とし穴” ライセンスや価格で気を付けたいことは?」に引き続き、Power Appsの利用時に注意すべき項目を取り上げる。

注意事項5.IDE

 Power PlatformのIDE(統合開発環境)はWebブラウザで動作する。そのため企業がPower Appsを利用してフォームを作成する場合、デスクトップアプリケーションではなくWebブラウザを使う必要がある。インターネットに接続していないオフライン環境ではフォームを作成できないため、気を付けなければならない。

注意事項6.画面サイズ別のフォーム

 Power Appsで、異なる画面サイズや画面の向きに応じたレイアウトのフォームを作成するには、複数のフォームを開発する必要がある。例えば同じフォームのスマートフォン用とタブレット用、計2つのバージョンを作ることを考えなければならない。ある程度大きさが自動で変わるフォームはあるものの、妥協を求められる。

注意事項7.データソースから呼び出すレコード数の上限

 Power Appsは、ファイル共有製品「SharePoint」やリレーショナルデータベースなどのデータソースからアプリケーションが呼び出すレコード数に、2000件の上限を課している。

注意事項8.コネクターのリクエスト数の上限

 SharePointで作成したリスト、リレーショナルデータベース、表計算ツール「Microsoft Excel」のファイルに対して、Power Appsが大量のデータの読み取り/書き込みをすると、上限を超過する可能性がある。Power Appsのライセンスがアプリケーション数に基づくものである場合、24時間以内に実行できるコネクター経由のリクエスト数の上限は1000件だ。コネクターごとに制限数が異なるため、管理が複雑になる恐れがある。

注意事項9.添付ファイルに関する制限

 「添付ファイルコントロール」は、Power Appsで作成したフォーム経由で、エンドユーザーがファイルをアップロード/ダウンロードする機能を提供する。Microsoftは添付ファイルコントロールが扱うファイルの保管先を、SharePointとデータ管理ツール「Microsoft Dataverse」に限定している。ファイル同期サービス「OneDrive」やリレーショナルデータベースなどをファイルの保管先に指定できない。アップロードできるファイルの最大サイズにも50MBという上限がある。

注意事項10.同じ機能の実装

 Power Appsで作成した複数のアプリケーションで、同じ手順の計算を実行したいと考える企業もあるだろう。その場合、アプリケーションごとにロジックを作成して管理しなければならない。規模が大きくて複雑なフォームにたくさんのロジックを埋め込むことになれば、計算の要件が変わったとき、その変化に合わせてロジックも変更することになる。その結果、計算結果が予測できなくなる可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...