2022年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Power Apps」で注意すべき“あの制限”とは? 導入前に検討したいポイント「Microsoft Power Apps」利用時の10大注意点【後編】

導入を検討する前に「Microsoft Power Apps」の制限事項を確認しておくことは重要だ。開発環境やデータのやりとりの上限などに関する6つの注意点を紹介する。

[Jonathan Bordoli,TechTarget]

 「Microsoft Power Apps」は、ノーコード/ローコード(ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみ)のツール群「Microsoft Power Platform」の構成要素だ。中編「『Power Apps』の意外な“落とし穴” ライセンスや価格で気を付けたいことは?」に引き続き、Power Appsの利用時に注意すべき項目を取り上げる。

注意事項5.IDE

 Power PlatformのIDE(統合開発環境)はWebブラウザで動作する。そのため企業がPower Appsを利用してフォームを作成する場合、デスクトップアプリケーションではなくWebブラウザを使う必要がある。インターネットに接続していないオフライン環境ではフォームを作成できないため、気を付けなければならない。

注意事項6.画面サイズ別のフォーム

 Power Appsで、異なる画面サイズや画面の向きに応じたレイアウトのフォームを作成するには、複数のフォームを開発する必要がある。例えば同じフォームのスマートフォン用とタブレット用、計2つのバージョンを作ることを考えなければならない。ある程度大きさが自動で変わるフォームはあるものの、妥協を求められる。

注意事項7.データソースから呼び出すレコード数の上限

 Power Appsは、ファイル共有製品「SharePoint」やリレーショナルデータベースなどのデータソースからアプリケーションが呼び出すレコード数に、2000件の上限を課している。

注意事項8.コネクターのリクエスト数の上限

 SharePointで作成したリスト、リレーショナルデータベース、表計算ツール「Microsoft Excel」のファイルに対して、Power Appsが大量のデータの読み取り/書き込みをすると、上限を超過する可能性がある。Power Appsのライセンスがアプリケーション数に基づくものである場合、24時間以内に実行できるコネクター経由のリクエスト数の上限は1000件だ。コネクターごとに制限数が異なるため、管理が複雑になる恐れがある。

注意事項9.添付ファイルに関する制限

 「添付ファイルコントロール」は、Power Appsで作成したフォーム経由で、エンドユーザーがファイルをアップロード/ダウンロードする機能を提供する。Microsoftは添付ファイルコントロールが扱うファイルの保管先を、SharePointとデータ管理ツール「Microsoft Dataverse」に限定している。ファイル同期サービス「OneDrive」やリレーショナルデータベースなどをファイルの保管先に指定できない。アップロードできるファイルの最大サイズにも50MBという上限がある。

注意事項10.同じ機能の実装

 Power Appsで作成した複数のアプリケーションで、同じ手順の計算を実行したいと考える企業もあるだろう。その場合、アプリケーションごとにロジックを作成して管理しなければならない。規模が大きくて複雑なフォームにたくさんのロジックを埋め込むことになれば、計算の要件が変わったとき、その変化に合わせてロジックも変更することになる。その結果、計算結果が予測できなくなる可能性がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...