TechTargetジャパン

技術文書
iOS、Android をターゲットにしたモバイルアプリ開発の最新ガイド
 多くの企業がモバイル ファーストでのアプリ開発を志向しているが、モバイルアプリ開発において多くの企業は初期段階により多くの改善点を有している。ユーザーが目にするオフラインとオンラインは連動し、1つの体験でアプリの評価が下され会社のイメージが損なわれる場...(2017/4/10 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」徹底解説:サーバコンポーネントを移行する際の注意点
 他社データベースから「SQL Server 2017」への移行に当たっては、その機能の一端であるサーバコンポーネントについての知識習得が欠かせない。認証やアクセス権限、暗号化といったセキュリティに関するものから、ファイル構成や読み取り専用領域設定などのストレージ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
イベント監視など実運用面から見る「SQL Server 2017」移行ガイド
 データベースの移行には細心の注意が求められる。その有力候補である「SQL Server 2017」は各種ツールやパラメータなどの互換性に優れ、専用ツールが用意されていることもあり、比較的スムーズな移行が可能だが、考慮すべき点は多い。 本資料は、Oracle DatabaseからSQ...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「SQL Server 2017」実践ガイド:Oracle DBからオブジェクトとデータを移行する
 Oracle Databaseを「SQL Server 2017」に移行する場合、問題になるのはデータベース本体だけではない。データベースオブジェクトやクエリといったツールの移行、互換性などにも考慮する必要がある。 SQL Server 2017は、ライセンスコストはもちろん、スキル取得の容易...(2017/10/24 提供:日本マイクロソフト株式会社)

プレミアムコンテンツ
プロジェクトを成功させるモデリングの極意(完全版)
 「コード中心からモデル中心の開発へ」などといった文言があるように、モデリングはソフトウェア設計を行うために必要不可欠な技術として注目され、さまざまな開発現場で実践されています。 ですが、手法やそのツールを知っていても、モデリングがうまくできず、分かり...(2017/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
償却期限間近の企業システムを迅速・低コストに移行する方法とは?
 業務アプリケーションを含めたインフラ全体をクラウドに移行する企業は、年々増えてきている。その狙いとしては、サポートが終了したOSやレガシーソフトウェアを維持するための時間やコストを削減し、パフォーマンスと信頼性の課題を回避することなどが挙げられる。 中...(2017/8/7 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは?
 エンタープライズ向けエンドポイントセキュリティ対策製品の性能は、ユーザーにとっては気になるところだ。この資料では、主要6社の製品を数多くの条件でテストした結果を基に脅威からエンドポイントを守る性能を比較している。 テストを実施した条件として、エンドポ...(2017/9/25 提供:Cylance Japan株式会社)

製品資料
「Outlook」の機能を手軽に拡張――添付ファイルをワンクリックで圧縮・暗号化
 Outlookは日常的に使うアプリケーションであるだけに、できれば便利かつ安全に利用したいものだ。例えば、添付ファイルを簡単に圧縮・暗号化できれば、添付ファイルを送信する際の手間を省略でき、万が一誤送信したときの情報漏えい対策にもなる。 本コンテンツで紹介...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
業務で役立つ「Outlook」の機能拡張、よくあるメール送信トラブルを防止
 情報漏えいなどの重大なインシデントを招きかねないメールの誤送信は、ヒューマンエラーが主原因となるだけに研修などではゼロにできない。対策のポイントは、企業がセキュリティポリシーやルールを設定し、誤送信となる要因をシステムでカバーすることだ。 「宛先」「...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2017/2/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
外国語ガイダンスやゲーム音声など、ニーズ別の音声合成製品をチェック
 従来の機械音でなく、人の声を合成して、より人間らしく自然な音声データを作成できる「音声合成ソフト」。音声ファイルの高品質化はもちろん、利用拡大とともに用途や目的別の製品も充実してきた。 外国人向けへの音声ガイダンスを作成したいなら、30カ国語以上の言語...(2017/2/27 提供:株式会社エーアイ)

製品資料
IoT化に対応する「次世代産業用コントローラ」がスマート工場の「足回り」に
  IoTやインダストリー4.0の推進により、全世界的にスマートファクトリー化の動きが加速している。しかし、多くの工場や生産設備では、そもそもネットワーク接続されていないケースも多く、情報システムへの接続までに 複数段の階層があり、データ連携が複雑な状況も生...(2016/12/14 提供:株式会社 日立産業制御ソリューションズ)

講演資料
運用・構成の自動化と従量課金制サービスの組み合わせで倍増する投資対効果
 さまざまな課金形態のサービスが存在する中で、従量課金制はスモールスタートもしやすく便利だ。コストを効率化するには、頻繁に繰り返すタスクを、間違いなく高速にこなす「自動化」で、作業時間を節約する。これは運用負荷の軽減にもつながる重要な点だ。 さらに一歩...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
主要3社のコスパ比較、安価で強力なクラウドサービスはどれか?
 クラウドサービスの細分化が進み、企業はより多くの選択肢を持てるようになったが、どのサービスを選ぶべきかで頭を悩ませるケースが増えてきた。サービスごとに備える機能も異なるため、利用目的に合致しているかについても今まで以上に慎重に検討する必要がある。 そ...(2016/11/21 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
開発者向けに限定公開!IoT 時代の組み込み機器向け統合プラットフォームの考え方
 ルネサスの開発者向けコミュニティサイトで人気の"Professor IoT"が、さまざまな視点から独自切り口で語る「Renesas Synergy(TM)」の詳細解説記事を特別に限定公開。 今回公開する記事は次の2つ。・「半導体チップ産業における製品としてのソフトウェアとは...(2016/9/26 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

講演資料
タッチやペン操作、リッチなUI、多様なデバイス、まとめて簡単に開発する新手法
 多彩な形態とOS環境の端末が市場にあふれている昨今、そのアプリケーションを提供する側は「どのような手段で開発するか」が重要な要素となっている。クロスプラットフォーム開発が進み、さまざまなOSに対応するハードルは下がったが、過去のノウハウやソフトウェア資産...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
サービス開発で差別化、メンテナンスフリーで最新環境を、その答えは
 ビジネスのスピードに合わせて、IT開発もアジャイルやDevOpsなどの手法で加速している。状況に応じて最適な環境を選択できるオープン性、セキュリティやコンプライアンスなども含めた運用管理負担の軽減も大事な要件であり、クラウドが選ばれる背景にはこうしたニーズが...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

レポート
日本マイクロソフトのトップが伝える「T字型人間」になる方法
 日本には「入社したら最後までそこで働く」という価値観しかなかった時代があった。しかし、日本の中だけでビジネスがほぼ完結していた時代と異なり、多くのビジネスパーソンが海外で経験を積み、海外の企業が日本でも事業を展開するようになった現代では、多種多様な価...(2016/8/2 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2016/3/24 提供:デル株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

Loading