TechTargetジャパン

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
業務の現場から“超高速”開発ツールでシステムが生み出されることの意味
 米国の調査会社ガートナーは「ペース・レイヤー」という考え方を提唱している。アプリケーションを変更頻度で3つのレイヤーに分類し、レイヤーごとに管理とガバナンスのプロセスを定義するものだ。業務アプリケーションでは、イノベーティブで実験的な「革新システム」...(2016/2/4 提供:マジックソフトウェア・ジャパン株式会社)

技術文書
DevOpsのための製品導入戦略ガイド
 アプリケーション開発チームとシステム運用チームを融合させる「DevOps」は、アプリケーション開発と導入に対するニッチなアプローチから、本流へとシフトしつつある。 本PDFは、以下の3つの記事で構成されている。これらの記事を通して、連続的なリリースを必要とする...(2015/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「Windowsハードウェア認証」が製品の価値を上げる理由
 Windows 8対応のデバイスドライバを開発する際に、“知っておくと便利なポイント”を実践的な観点から紹介してきた連載「Windows 8 デバイスドライバ開発入門」。連載最終回となる今回は、Windows 10になってもきっと残るであろう、「Windowsハードウェア認定」について...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
社内システムのクラウド移行、オンプレミスと異なる気を付けたいポイント
 日本企業の間にも“クラウドファースト”の考え方が浸透し、パブリッククラウドの利用が拡大している。かつてのパブリッククラウドは、データがどこで運用されるか分からないという不安から、利用に二の足を踏む企業が少なくなかった。昨今では、日本国内のデータセンタ...(2015/6/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月15日号:Windows 10 vs. Mac OS X El Capitan
■Mac OS X El Capitanの魅力はWindows 10以下か? Appleが発表した新Mac OS「El Capitan」。同OSをWindows 10と比較すると、幾つかの点で見劣りする。Windows 10にあってEl Capitanにない機能とは?■リリース直前、Windows 10へのアップグレード体制は整ったか? いよ...(2015/7/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Kinect センサーによるアプリケーション開発のための“超”入門
 「Kinect for Windows センサー」によるアプリケーション開発のための“超”入門。 本格的な開発を始める前に絶対に知っておきたい、Kinect for Windows センサーの特長やXbox 360版との違い、開発時の注意点、応用例などをまとめて紹介する。(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
デスクトップコンピューティング2020戦略ガイド
 「デスクトップコンピューティング」の概念が大きく変わろうとしている。もはや、Windows環境だけを管理すればよい時代は終わったのだ。マルチOS、マルチデバイスはもとより、クラウドとの統合も視野に入れて従業員のデスクトップ環境をサポートしなければならない。 ...(2015/6/24 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
静的解析ツールに必要な「3つの基本要素」とは
 静的解析ツールは、ソフトウエア・プログラムを実行することなく、そのソース・コードをチェックして、不具合を開発者に知らせるものだ。 中には、プログラムの欠陥数を減らすためだけでなく、セキュリティ脆弱(ぜいじゃく)性の検出にも利用できるものもある。 静的...(2015/6/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ソフトウェアの脆弱性を低減する「真のソースコード解析」とは?
 ソフトウェアの脆弱性検査手法では、完成したアプリケーションの脆弱性診断である「ブラックボックス検査」が主流だ。しかし昨今、検査精度を高め、修正コストの低減も期待できる、ソースコードに対する検査手法が注目されている。「ホワイトボックス検査」と呼ばれるこ...(2015/5/14 提供:株式会社インテリジェント ウェイブ)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
『開発と運用』双方の視点から提唱Webアプリケーション開発フレームワーク
爆発的な拡大を見せているクラウド&モバイル。データをいつでもどこでもどのデバイスでも持ち運ぶという概念がWebアプリケーション開発のあり方に対して大きな影響を与えている。本資料ではこうしたIT環境を踏まえ「Webアプリケーション開発者の視点」と「Webアプリケー...(2014/2/25 提供:グレープシティ株式会社)

事例
NI製品導入事例集(研究・開発編)
ナショナルインスツルメンツは、コンピュータベースの計測、制御、組込システム設計アプリケーションを構築するためのソフトウェアとハードウェアを提供している企業である。NIの技術を使用して、世界の2万5000社以上の企業や学術研究において、開発コストの削減、生産性...(2015/4/23 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月7日号:CIOがハマる5つの落とし穴
 Computer Weekly日本語版 1月7日号は、以下の記事で構成されています。■MicrosoftのOffice 365戦略、鍵はセキュリティのアピール Office for iPhoneの公開やDropboxとの連携、Office 365へのシフトなど、MicrosoftのOffice戦略が大きく変わろうとしている。■Microso...(2015/1/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
VB 6.0のプログラム資産をモバイル対応に変身させるには?
 格差社会といわれる21世紀には、ITを活用する企業とそうでない企業でも「格差」が生まれそうだ。格差を生む懸念点の1つが、Microsoft Visual Basic 6.0(以下、VB 6.0)で開発されたプログラム資産だ。VB 6.0はリリースから17年目になるが、いまだに使われ続けている。(2015/2/6 提供:日本ネクサウェブ株式会社)

技術文書
【保存版】Microsoft SQL Server 2014移行ポイントガイドブック
 Windows Server 2003およびWindows Server 2003 R2 の延長サポート終了が、2015年7月14日に迫っている。本資料は、Windows Server 2003 のサポート終了 (End of support:EOS) に備えて、SQL Server 2000、2005および2008で作成したデータベースや各種コンポーネントをWi...(2014/10/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Visual Basic 6.0アプリケーションのビジネスプランニングガイド
 このホワイトペーパーは、ビジネス意思決定者、最高情報責任者、最高技術責任者、最高経営責任者、およびプロジェクトのスポンサーが、Microsoft Visual Basic 6.0プラットフォームを基盤とする特注システムの今後のサポートと方向性を計画する際のガイドとなることを目...(2010/10/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
6つのステップで実行するWebアプリケーションの負荷テスト
 インターネットは人々の生活にとって当たり前のものとなり、いつでも、世界中のどこからでも、いかなるデバイスからでもアクセスできるものとなった。多くの企業は、自社Webサイトを通じてより多くの製品やサービスを提供するだけでなく、主要なビジネス機能を自動化す...(2014/7/4 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
企業ユーザー必見、Microsoft Azure監視手法実践ガイド
 Microsoft Azureは、Windows ServerやSQL Serverにあたる機能に加え、外部アプリケーションとの連携など多くの機能を備えたパブリッククラウドサービスだ。本ホワイトペーパーは、Microsoft Azureが提供するWebサイト、クラウドサービス、SQLデータベース、仮想マシン...(2014/4/21 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
低コスト、安心、手軽に始めたい! スモールスタートに最適なクラウドとは?
 クラウドがもたらすコストの最適化と利便性の向上は企業にとって大きなメリットだ。本項では、そのクラウドがもたらすメリットを、低コストかつ安心、手軽にで開始できるクラウドサービスを紹介する。 富士通の「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure」は、Microsoft ...(2014/5/20 提供:富士通株式会社)

製品資料
脱XPを妨げる2つの課題を解決
 2004年4月にWindows XPのサポートが終了する。そのままXPを使い続けると、セキュリティ対策がおろそかになるだけでなく、OSサポート終了に伴いアプリケーションのサポートも終了するため、これまで使っていたアプリが使えなくなる可能性もある。 にもかかわらず、移行...(2014/1/17 提供:富士ソフト株式会社)

比較資料
クラウドとローカル運用で比較、データベース運用のTCOが安いのはどちら?
 小規模ビジネスやリモートオフィスにとって、データベースは業務の大半を担う原動力となっているため、日々その性能維持が欠かせない。データベースの運用手段として、クラウドWANサービスに注目する企業は増えつつあるが、クラウドの場合、予期せぬ停止やピーク時の性...(2013/12/20 提供:デル株式会社)

講演資料
巧妙化、多発化する標的型攻撃、その傾向と対策
 2013年、Webサイトの改ざんによるウイルス感染や不正アクセスでの情報漏えいが多発した。Webサイトの改ざんでは2008年前後に多発した「ガンブラー攻撃」がよく知られている。これに対し、アカウント管理やアクセス制御の強化などの対策が行われたが、現在は多様化するWe...(2013/12/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
そのPC、買い替えは不要 アップグレードでOS移行をコストダウン
 Windows XPのサポート終了をにらみ、新規PCの購入を検討している企業も多いのではないだろうか。Windows 7およびWindows 8をXPにダウングレードしているなど、PCのスペックを満たしていれば、新規購入は不要だ。とはいえ、アップグレードには、データ退避、OS、アプリを...(2013/12/19 提供:富士ソフト株式会社)

講演資料
オープン・クラウド・アーキテクチャーによるコラボレーティブなクラウド開発の今後
 使いやすく信頼性あるクラウド環境で、高機能の開発管理ツールが備わっており、そのうえ非常に安価ですぐに使える。そんな環境で開発したくないだろうか? IBM では開発者への新しい商用サービスとして、IBM クラウド基盤に チーム開発のRational Team Concert を搭載し...(2013/10/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
SQL Server 2005から2012への移行 RFP作成方法から移行手順、効果検証結果を公開
 このホワイトペーパーは、マイクロソフト公式の『SQL Server 2012 徹底検証シリーズ SQL Server 2005からの移行実践ガイド』である。架空の企業「X社」をモデルに、「Microsoft SQL Server 2005」から「Microsoft SQL Server 2012」への移行の流れを詳細に解説している...(2013/8/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
メインフレームからオープンシステムへの移行事例 SQL Serverが示した高可用性
 このホワイトペーパーは、マイクロソフト公式の『SQL Server 2012 徹底検証シリーズ SQL Serverで実現するミッションクリティカルシステム』である。架空の企業「X社」をモデルに、基幹系システムのリプレースプロジェクトをシステム導入の流れに沿って詳細に解説して...(2013/8/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading