TechTargetジャパン

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する?
 優れた柔軟性と拡張性から注目される「OpenStack」。IDC Japanの調査では、このクラウドプラットフォームを本番環境に利用しようという企業は増加傾向にあり、特にICT企業では4割が既に利用または導入に向けて取り組んでいるという。 ただ、数百以上の仮想マシンを搭載...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

事例
ITサービス刷新の実践的アプローチ13選――ANA、JTBなど先進企業の事例に学ぶ
 事業におけるITの重要性が高まるにつれ、IT部門に課せられる役割にも変化が見られ始めた。従来の課題である「生産性の向上」に加えて、「ビジネス価値の向上」が求められるようになったことが、さまざまな業界でITサービスマネジメント(ITSM)を刷新する流れを生んでい...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

製品資料
複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る
 ビジネスの展開に応じて、部分的な増強や入れ替えをすることが多いシステムインフラ。気付けば非常に複雑な構成となっているケースは珍しくない。こうした多種多様なベンダーのハードウェアやソフトウェアが混在する環境では、その複雑さが多くの課題をもたらしている。(2016/12/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
システム運用を根本から考える――Zabbixの導入で真の運用コストを削減
 ITインフラはさまざまなハードウェアとソフトウェアで構成されるが、これらを統合して運用・管理する上で、運用管理ツールは欠かせない存在である。その運用管理ツールにおいて、近年では「Zabbix」をはじめとしたオープンソースソフトウェア(OSS)の活用といった潮流...(2016/12/16 提供:サイトロック株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
複雑化する「ITサービス管理業務」、“ITIL”から考える改善方法とは
 仮想化やクラウドの導入が進み、スマートフォンをはじめとするさまざまなデバイスが普及する中、システムは複雑化し、IT部門の管理負担は想像以上に増大している。こうした状況を放置すると、社内システムの質が低下し、自社サービスの信頼を損なうことにもなりかねない...(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
ITサービスマネジメント製品導入戦略ガイド
 ITサービスマネジメント市場が変わりつつある。本稿では技術のコモディティ化やオープンソース、SaaSがIT部門に与える影響と、インソーシングのトレンド、そしてアウトソーシングしたサービスの統合と管理の概念について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されて...(2016/9/28 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ITマネージドサービスのプロバイダー選びで考慮すべき「条件トップ10」
 企業がいま直面しているITの課題は、ハイブリッドクラウド活用、セキュリティや災害復旧への対応、デスクトップ仮想化、モバイル対応など、ビジネスをさらに推進するために、いかに新しいテクノロジーを効率的に導入していくかという点にある。同時に、その導入コストを...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
基幹業務システムのクラウド移行、俊敏性と信頼性を最大化するポイントは?
 クラウドは既にIT環境の効率化に欠かせない技術となっているが、現在も重要なワークロードの多くは、クラウドが登場する以前に導入されたものだ。従来のホスティング環境がクラウドの俊敏性とコストメリットを十分に発揮できない理由の1つも、このようなレガシーワーク...(2016/10/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
アイデアを迅速に製品化、コーディング不要の開発で生産性はどこまで上がる?
 近年、さまざまな分野で異業種からの参入企業や新規ベンチャーが産業を劇的に変革するような「デジタルイノベーション」を起こしている。このような変革をもたらす企業が強力な武器としているのがコーディング不要で開発が行える超高速開発ツールだ。 その中でも「Low-...(2016/10/24 提供:株式会社ビルドシステム)

製品資料
クラウドとオープン系システムの手薄な運用監視、強化に役立つ2種類のサービス
 稼働監視が徹底されている基幹システムと比較して、業務系および情報系システムは導入だけでなく運用についてもユーザー主体となっていることが多い。そのためIT部門の目が届きにくい傾向があるうえ、パブリッククラウド上に構築して利用されることが増えており、さらに...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
多店舗・多拠点企業は店舗のマイナンバー収集・管理をどう行っているか?
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

製品資料
日々のインシデント業務を省力化――西武グループやイオングループが選んだITサービス管理ツールとは?
 業務中に突然かかってくる問い合わせの電話、各地の店舗や事務所からメールやFAXで寄せられる修理要請、受信フォルダにたまる質問の山。このようなインシデント対応に追われ、本来なすべき業務に手が回らず、負担ばかりが増えていく。多くのIT部門が抱える現状である。(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

レポート
調査で浮き彫りになるセキュリティチームとITオペレーションチームの壁
 2015年後半から2016年初めにかけて、北米で180人を越えるITおよびセキュリティの専門家を対象に、セキュリティインシデント対応のプロセスやテクノロジーに関する意識調査が実施された。 調査結果から浮き彫りになったのは、「インシデント対応は、セキュリティチーム...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
そもそもITSMとはなにか? クラウド時代にあらためて注目される運用プロセスの改善
 システムをテクノロジーの塊と捕らえるのではなく、ユーザーのビジネスを支えるサービスとして捉える取り組みが「ITサービスマネジメント」(ITSM)である。クラウドが普及し、システムを「所有」する形態から「利用」する形へとパラダイムシフトが進むと、ITSMの重要性...(2016/6/27 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
モバイル活用の成否を分けるITサービス管理、生産性向上につながる4機能とは?
 ITサービス管理では厳密なプロセスを通じて、ITに秩序をもたらそうという意向が強く働く。この傾向はモバイル活用の場合でも同様だ。しかし、こうしたアプローチにより、ITサービス管理の技術が時代遅れなものとなれば、このプロセスはやがて使われなくなる。 例えば...(2016/7/19 提供:BMCソフトウェア株式会社)

製品資料
「個人利用のIT技術の方が便利」、新世代の生産性を高めるITサービスの4条件
 インターネットやスマートフォン、ソーシャルネットワークなどのサービスに慣れ親しんで育った「ミレニアム世代」が労働人口に占める割合が年々増加している。この世代が企業で就労するときに感じるのが、個人が利用するIT技術と企業内のIT技術の格差だという。 この10...(2016/7/19 提供:BMCソフトウェア株式会社)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

レポート
ITコストとサービスを完全可視化、IT部門の存在価値を高める「サービスカタログ」
 今日、多くのCIOはコストの削減、生産性と収益の向上を果たす新たな方法を見つけ出すことを求められ、ITへの投資から生まれる価値をビジネスに示すことを強く要請されている。 かなりのIT投資が行われているものの、土台であるサービスカタログが不適切であったり、不...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
サービスデスクの強化で生産性を向上――ITサービス管理の3つの視点
 「システム運用の見直しで業務改善」といったキャッチフレーズをさまざまな場面で見聞きするが、その効果は“いまひとつ”となることが多い。IT投資の70%は運用維持費といわれるほど大きな投資がなされているにもかかわらず、結果が出せないのはなぜだろうか。 システ...(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
システム障害を生む開発と運用の「意識の差」――DevOpsで3つの壁を打破
 野村総合研究所が行ったシステム障害の原因調査によると、オペレーションミス起因が25%である一方、44%が指示ミスや申請ミスなどの運用ミスや基盤設計時の検討不足による考慮漏れだという。これらはシステム設計時から運用標準化を進めることで減らすことができるが...(2016/6/8 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ITシステムの運用管理を自動化する5つの目的
 ITシステム運用の自動化で期待できる効果は、業務の効率化、人為的ミスの削減、作業証跡確保、運用プロセスの定着、サービス拡大の5つである。これにより最終的には、本業である事業収益拡大のためのITサービスの向上を目指す。 それでは、これらの効果を得るために自...(2016/6/8 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
SDN(Software Defined Network)製品導入戦略ガイド
 SDN(Software Defined Network:ソフトウェア定義ネットワーク)は、スイッチの作業の大部分を抽象化されたソフトウェアレイヤーに移行させる機能を提供する。ネットワークハードウェア市場を一変させ、ネットワークの自動化によって幅広いワークロードへの対応が強化...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

事例
米Sony Pictures、「よくあるIT環境」でマネージドサービスを短期間実装できた理由
 開発者、派遣人材、専門家が社内に分散し、知識はあちこちに偏在し、業務との一貫性も欠けている。多くの担当者にとって覚えのありそうな話だが、これが2009年頃の米Sony Pictures EntertainmentのIT環境だったという。 この状況で「3カ月以内にマネージドサービスの実...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
利用開始5年間のROI 365%、実現したクラウドベースの「ITSM」ソリューションとは?
 本ホワイトペーパーは、世界15カ国にデータセンターを展開しているEquinixのケースを取り上げ、ServiceNowのクラウドベースのITサービス自動化ソリューションを導入した成果を示している。 同社は導入後6カ月足らずでインシデントや問題を管理するグローバルプラットフ...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

Loading