TechTargetジャパン

事例
IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減
 IaaS(クラウド基盤サービス)やデータセンターを活用し、自社のIT基盤そのものをクラウド化することで、一体どのような効果を得られるだろうか? 例えば、グローバル事業の強化を経営目標に抱えているタカラトミーでは、従来基幹システムを設置していたオンプレミス環...(2017/10/10 提供:日本電気株式会社)

製品資料
次世代仮想化基盤の鍵、「ネットワーク仮想化」で得られる3つの効果とは?
 ソフトウェア定義(Software-Defined)という概念の実現によって、サーバ、ネットワーク、ストレージの仮想化が進んでいる。中でもサーバの仮想化は、既に多くの企業に導入され、ハードウェアコストや運用負荷の削減という大きなメリットを生んでいる。 しかし、サーバ...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは?
 先端技術を利用したモノづくりはITが重要な役割を担っている。光学機器メーカーとして1932年に創業したトプコンは、2015年に国内のグループ企業6社の基幹システムをSAP ERPに刷新した。売り上げや発注に関わる日報のフォーマットやタイミングが各社で異なっていたため...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/5/22 提供:株式会社クレオ)

事例
セイコーエプソンなど大手企業6社のIaaS活用、気になる導入効果は?
 クラウドを採用することで得られるメリットはさまざまだ。例えば、新たなサービスのためのIT基盤を短期間で用意したり、余剰リソースを抑えることでコストを削減したり、オンプレミス環境よりも運用管理をシンプルにしたりすることができる。 セキュリティやガバナンス...(2017/5/10 提供:日本電気株式会社)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/4/28 提供:CA Technologies)

事例
「Office 365」で情報基盤を構築、FiNCに学ぶアカウント/アクセス管理の秘訣
 スマートフォンによるヘルスケアサービスを展開するFiNC。急成長する同社が「Office 365」を導入した理由は、業務ソフトをより安全かつ快適に利用できる環境を整備するのはもちろん、より強固な情報セキュリティ基盤を実現するためだった。 同社はヘルスケアサービスの...(2017/4/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Office 365ユーザーなら押さえておきたい、クラウド&モバイル活用の促進方法
 モバイルデバイスが普及し、クラウドの活用が進む一方で、さまざまな働き方に対応し始めたビジネスの現場では、相反するユーザーニーズと管理者の課題が存在している。 例えば、「最新のグループウェアを使っているのに、 システムがいくつもありログイン/パスワード...(2017/3/30 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
打刻データをリアルタイムで管理、クラウド勤怠管理で無駄や不正を徹底排除
 多くの社員がオフィスで9時〜18時で働くことが基本であった時代とは異なり、近年ではフレックス制度、時短・在宅勤務など、より柔軟な働き方が可能になっている。また旧来よりもコンプライアンスが厳しくなり、企業にはさらに厳密な勤怠管理が求められている。 しかし...(2016/10/25 提供:株式会社ヒューマンテクノロジーズ)

レポート
情報漏えいを限りなくゼロに近づける「特権ID管理」の4つの対策
 内部攻撃や外部攻撃による情報漏えいを食い止めるための「予防」と「検出」による対策は、具体的には、「承認に基づく特権IDの貸し出し」「厳格なパスワード管理」「アクセスログの定期的な点検」「特権操作の記録と点検」の4つが重要になる。 本ホワイトペーパーでは...(2016/8/1 提供:NTTソフトウェア株式会社)

製品資料
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
 近年、基幹システムや情報系システムをクラウドに移行する企業が増えているが、これらの企業が最も重視するのがベンダーの信頼性だ。そして、このような信頼できるサービスにデータセンターや仮想化基盤、ERPなどを集約させる流れも生まれつつある。 これらのサービス...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
基幹システムのクラウド移行を“賭け”にしない堅実な運用方法
 企業ITにおいて、常に効率化とコスト削減で悩まされるのが基幹システムだ。24時間365日稼働、安定的な処理性能の確保、災害対策、内部統制、セキュリティ対策など、優先すべき課題が多く、コストや運用負荷は二の次とされやすい。 そのため、基幹システムのクラウド移...(2016/5/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報など...(2016/5/18 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
調査で浮き彫りになるセキュリティチームとITオペレーションチームの壁
 2015年後半から2016年初めにかけて、北米で180人を越えるITおよびセキュリティの専門家を対象に、セキュリティインシデント対応のプロセスやテクノロジーに関する意識調査が実施された。 調査結果から浮き彫りになったのは、「インシデント対応は、セキュリティチーム...(2016/4/25 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
JFEスチールがハイブリッドクラウドでIT基盤を構築、コスト効果と柔軟性を両立
 大手鉄鋼メーカーのJFEスチールは、経営のグローバル化や、ビジネス環境の変化に柔軟に対応すべく、中期経営計画の中で「攻めのIT経営」をさらに強化・推進するIT基盤の構築に取り組んでいる。「クラウドファースト」の方針の下、基幹業務システムの契約更新を機にクラ...(2016/2/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
あなたの会社は大丈夫? マルチクラウド環境で回避したい「2つの課題」とは
 導入が容易なパブリッククラウドは、企業内の各部門がそれぞれの方針で導入することができるため、情報システム部門が関与しないシャドーITが生まれる可能性がある。これはセキュリティ面でも問題となる上、割高な料金プランでの契約となったり、複数部門で契約が重複す...(2016/2/3 提供:富士通株式会社)

レポート
事業部門の効率性と生産性を促進するために、IT部門こそが核になるべき理由
 かつて多くの事業部門にとって“ITはブラックボックス”であり、導入や運用についてIT部門が一括して引き受けてきた。しかし現在では、事業部門自体が積極的にビジネスに有効なITツールを独自に導入する動きが広がっている。そうしたなか、組織全体でのIT活用を考え、効...(2016/1/12 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

技術文書
業務部門のIT効果を最大化する、基盤構築の全体最適化に不可欠な「3つの視点」
 基幹システムのクラウド移行などを機に、システムの全体最適化をさらに進め、ビジネスの変化へ機敏に対応できる基盤を構築しようという企業が増えている。こうした動きは企業の競争力の源泉として、これまで以上にITが重要視されるようになったことも理由であるが、一方...(2015/11/25 提供:株式会社ワイ・ディ・シー)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2015/12/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
青森県立中央病院がデスクトップ仮想化で、看護師のワークスタイル変革を実現
 青森県立中央病院では、ナースステーションのデスクトップPCを複数の看護師で共有するため、端末の空きを待つことが頻繁に発生。業務の引き継ぎに支障が出ていた。また、患者の健康状態や指示変更を紙のワークシートに記録し、後でまとめて電子カルテに入力していたため...(2015/12/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
Exchange 2013への移行メリットを最大化する「タイミング」と「移行方法」とは?
 Exchange Server 2013は、単なるメールアプリケーションのアップデートにとどまらず、コミュニケーションおよびコラボレーション基盤として、組織の生産性とIT効率の向上に役立つ可能性を持つ。 移行を検討する企業にとって頭の痛い問題は、費用対効果の分析や、現在と...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
パスワードなしで認証? これからのID管理・デバイス管理の目指す姿とは
 モバイルデバイスから、企業システムやさまざまなSaaSにアクセスするようになると、まず問題となるのがID管理や認証の管理だ。各SaaSで個別のIDを利用しなくてはならない場合、ユーザーの利便性は損なわれ、サービスの利用率も低下しかねない。またパスワードの定期変更...(2015/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
ITはコストセンター? クラウド利用の成熟度と事業成長の関係とは
 「ITはコストセンターであり、組織に対する経済的負担は最小限に抑えるべき」と考えられてきた。だが、世界784人のITエグゼクティブやビジネスエグゼクティブに対する調査では、クラウド成熟度診断で高いスコアを示した企業ではスコアの低い企業よりも、クラウド使用の...(2015/11/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モバイル導入企業の8割はまだ初期段階? 4段階で解説するモバイル活用成熟度
 モバイルデバイスのビジネス活用が急速に広がっている。スマートフォンやタブレット端末といった「スマートデバイス」は、旧来の携帯電話の可搬性と、ノートPCの高い機能性を併せ持った新たなエンドポイントデバイスとして、コンシューマ市場で瞬く間に普及した。そして...(2015/9/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ネットワーク耐用期間を4つに分けて考える「ライフサイクルセキュリティ」の有効性
 外部からのサイバー攻撃による情報漏えい、あるいは内部犯行によるデータの持ち出しの危険性は以前から指摘されていた。しかし最近発生した大規模な情報漏えい事件をきっかけに、金融機関、政府機関、医療機関などが運用管理する大規模システムには、予想を上回る攻撃が...(2015/7/31 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
IT資産管理システムの真価を発揮させ、成功に導くための処方箋
 本ホワイトペーパーはServiceNow Asset Managementの優れた特長と導入の成果について紹介している。 ServiceNow Asset Managementはデータとプロセスを1つのプラットフォームに統合し、エンドユーザーマシンの場所、エンドユーザーが所有するソフトウェアに関する情報...(2015/7/16 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
6事業で縦割りのシステム、Excel作業だった監査データ集約を自動化できたわけ
 米国の大手マネージドケア企業CareWorksは、ヘルスケア関連ビジネス、テクノロジーコンサルティング、マネージドサービスなど6つの事業を手掛けている。各事業を運営するグループ企業各社それぞれにセキュリティと監査の要件があり、ITインフラ、アプリケーション、ITサ...(2015/7/16 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
なぜIT運用は効率化できない? 「統制室」に全イベントを集約する新しい運用手法
 IT運用を効率化・高度化するためには、ビジネスサービスの状態、障害、トポロジを一元的に表示できるビューが欠かせない。ネットワーク、サーバ、ストレージの各担当者が個別のツールを使ってそれぞれのITレイヤーを監視しているようでは、問題に対する認識共有に時間が...(2015/5/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
80Tバイトのメール・文書運用と電子情報開示の効率化を両立するデータ管理術
 1948年に世界で初めて魚群探知機の実用化に成功した古野電気は、船舶用電子機器で培った技術を医療や情報通信分野へ展開し、海外にも進出している。 同社はここ数年、日本の電機メーカーなどが欧米で特許侵害などの訴訟に巻き込まれる事件を危惧していた。半導体製品や...(2015/4/23 提供:株式会社シマンテック)

Loading