「データガバナンス無視の危ない企業」は何が怖いのか?クラウドベンダー選定の注意点【後編】

ハイブリッドクラウドでストレージを運用する動きが広がっている。そこで重要になってくるのが「データガバナンス」だ。適切なデータガバナンスができていないと、何が危ないのか。

2022年08月18日 05時00分 公開
[Tony LockTechTarget]

 オンプレミスインフラまたはホスティング型プライベートクラウドと、クラウドサービスを組み合わせた利用形態を「ハイブリッドクラウド」と呼ぶ。ハイブリッドクラウドにおけるストレージの設計や管理には、注意すべき点がある。

 クラウドベンダーは複数のデータソースから取得したデータを処理できる機械学習や分析のツールを提供している場合がある。ユーザー企業はそうしたツールを使用する際、効果的なデータガバナンスを実施しなければならない。何を考慮するべきなのか。

データガバナンスができない“危ない企業”はどうなるのか?

 データガバナンスが必要になる理由の一つは、データの特性に応じて、使用する場所などの制限をかけなければならないからだ。もう一つの理由は、複数のリポジトリ(保管場所)やアプリケーション、サービスから取得したデータを管理する際、法令に違反しないようにする必要があることだ。例えば複数のデータソースから得たデータを結合すると、個人情報の匿名性を解除してしまう可能性がある。この制御を適切に実施できていないユーザー企業は、法的な罰則を受けることがある。顧客や株主、従業員からネガティブな反応を受ける状況に陥る懸念もある。

 重要なのは、組織内の誰がデータガバナンスの責任を負うのかだ。CIO(最高情報責任者)なのか、CDO(最高デジタル責任者)なのか、従業員全員なのか――まずこの問題について組織内で議論しなければ、適切なデータガバナンスは実現しない。

 かつてストレージやデータの管理は、あまり動きのない分野だと考えられていた。つまりデータを適切に保護するために、不必要な変更は避けて混乱を起こさないことが推奨されていた。しかし、その考え方はもはや時代遅れだ。ハイブリッドクラウドの首尾一貫した戦略やデータガバナンス体制を確立していない限り、ユーザー企業は気付かないうちに困難に直面する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

米炭酸飲料市場2位に躍進――ドクターペッパーがペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【前編】
140年の歴史を持つ炭酸飲料ブランドのDr Pepperは、いかにして米国でナンバー2のソフトド...

news059.jpg

カスハラ被害 サービス職の35.5%が「経験あり」――パーソル総合研究所調査
カスハラ被害経験者3000人を対象にした調査から、「カスハラに強い組織づくり」のための...

news004.jpg

ブランドセーフティー(安全性)とブランドスータビリティー(適合性)はリーチと両立できる
そもそも広告は表示されなければ始まりません。だからこそ「ビューアビリティー」が重要...